TEL QUEL JAPON

リビドーの音階が砂漠に死んだヤギの乳をしぼっていく

俺は、君のためにこそ死ににいく

君のため

俺は、君のためにこそ死ににいく-1
俺は、君のためにこそ死ににいく-2
俺は、君のためにこそ死ににいく-3
新城卓監督のこの映画をご覧になりましたか?

今度、夜想会・雑誌「正論」創刊35周年共同企画、國神社奉納野外劇として國神社遊就館前特設ステージにて8月1日(金)~8月5日(火)まで(雨天決行)演劇版が上演される予定です。
こちらは夜想会代表の野伏翔氏のBlogです。

参照:俺は、君のためにこそ死ににいく-1
参照:俺は、君のためにこそ死ににいく-2

「正論」8月号に映画監督、新城卓氏と演出家・劇団夜想会代表、野伏翔氏の対談「今も日本を守る若者たちの至純を忘れまい」が掲載されている。今語られる、靖国問題、特攻議論の中で、突出した「正論」が展開していて、読んでいて清清しい。

~沖縄県民かく戦えり。県民に対し、後世特別のご高配を賜らんことを(大田実少将)~
~特攻と沖縄戦というのは、後世の日本人が、あの時の日本人との”黙契”を果たせる誠実さを持ち合わせているかどうかを、この国がある限り問いつづけるものだと思います(野伏翔)~p.273

参照:神風特攻隊
愛の本質は自己犠牲にあり、愛は感謝と等しく決して強要されるべきものではない。恋人への愛も、家族への愛も、国への愛国心も、存在から真に抑制しがたくほとばしり出るものであってこそ、光輝くのだ。

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://goodlucktimes.blog50.fc2.com/tb.php/79-290ca7d2
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad