TEL QUEL JAPON

リビドーの音階が砂漠に死んだヤギの乳をしぼっていく

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

拝借:John & Shige



参照: Tel Quel Japon その壱 & その弐
参照: 詩集「2N世代」 その壱: 

追記:2015年9月11日
参照:国際文化会館の歴史とJohn&Shige再確認

後はthe Institute of Pacific Relationsに於ける松本重治氏の立ち位置を調べる必要がある。1929年のこの京都の出会いも面白いがヨセミテの日本人の顔ぶれはもっと興味深い。
参照:NYTにでた松本重治の死亡記事
母は日本銀行を創設した松方正義の娘、妻は松方正義の孫、出自は寧ろ松方と認識したほうが良いだろう。JohnとShigeとの特別な接近がより容易く理解出来る。
参照:「Matsumoto Shigeharu: Bearing Witness」:Review
・・・・・・・・・・・・・・・・
松本重治氏の「上海時代」は現在入手不能などとネット上には書いてあるが、今Bruxellesの手の中に上中下三冊がある。
・・・・・・・・・・・・・・・・
松本重治: 資料追加( 2015年11月18日)
///////////////////////////////

追記:2015年9月12日
松本重治から話題がそれて、しかも長くなってしまうがIPRに関して少し触れておく。
The 3rd Pacific Conference [1929, October 28November 9, Kyoto, Japan]
ここで松岡洋右が「An Address on Manchuria: Its Past and Present」というテーマで演説をしている。
The 6th Pacific Conference [1936, August 1529, Yosemite, USA]
ここで尾崎秀美が「Recent Development in Sino-Japanese Relations」というテーマで発表している。
金井清が「The south Manchuria Railway Company’s Part in the Economic Development of Manchoukuo」というテーマで発表している。
戦後で見ると
The 11th Pacific Conference [1950, October 315, Lucknow, India]
ここで都留重人が「Japan’s Economy: Present and Future」というテーマで
丸山真男が「Nationalism in Post-war Japan」というテーマで登場している。
参照:元サイト
日本語の参照ペイジ:太平洋問題調査会関係資料 : 太平洋会議参加者名簿とデータ・ペーパー一覧
7番目のリンクをクリックするとその第五章に「日本人参加者名簿」がでてくる。名簿に出ていない事務方や事務方通訳などの名前はまた後ほど必要とあらば、追加したい。
参照:太平洋問題調査会wikipdia: くどいようだがわかりやすいまとめとして。
参照:さらに詳しい英語版 wikiedia:
参照 Tel Quel Japon 過去記事
IPRの正体に関して No.1 & No.2 & No.3 & No.4 

西尾先生の日録からも「松本重治」を探してみた
参照:松本重治について
参照:マスコミ人「松本重治氏」の疑惑的な証言

・・・・・・・追記:2015年10月17日・・・・・・・
西園寺公一に関するFilmを探していたのだが...
何のつもりで、この追記のリンクが入るのか、ご理解いただけないかもしれない。あちこちスコップでほりかえして、水脈を浮かび上がらせるには、大変な時間と肉体労働が必要だ。それまで地下のことは地上ではお見せ出来ない。自分でもどこまで根気が続くか確信は持てない。成果など期待せずに、ここはひとつアホになりきって、黙々と。地球の裏側まで突き抜けるくらいの覚悟で。

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://goodlucktimes.blog50.fc2.com/tb.php/564-7ed55128
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。