TEL QUEL JAPON

リビドーの音階が砂漠に死んだヤギの乳をしぼっていく

GHQ焚書図書開封9  腐ったか日本人!

-----------9784198637743.jpg

三島が死ぬ1,2年前だったかまだ学生の頃「腐ったか日本人、今こそ理想像を」という原稿を産経新聞に投稿して掲載された。学生運動真っ最中の頃だったと思う。「腐ったか」と言う語は新聞社が勝手につけた。考えてみればきつい言葉だ。その言葉を直前の記事に初めて自分で使用した。

なぜならそんな捏造資料こそが、現在の日本の日本人の歪な腐りきった精神構造を作り上げてきたからだ。

「歪な腐りきった精神構造」とは一体何を指すのか、明確にせねばなるまい。
簡単に言うと発想の根源が既に犯されているということだ。発想がやられているから、いくら論じても鼻先で吹き飛ばされてしまう。経験された方はよくご存知だと思うが、アルファベットをごちゃ混ぜにした泥のようなものが、またしても頻繁にコメント欄に流し込まれるようになってきた。一方記事に関するコメントはなりを潜めている。保守しかTel Quel Japonには近づかないから、明らかにTel Quelに不満を持つ(発想が犯されている)保守陣営から攻撃である。

ふたつ前の記事には、このように書いた。

この本をせめて3,4ヶ月早く手にすることができていたら、どれだけストレスから解放されることができただろう、と思うと、また少し残念でもある。

「GHQ焚書図書開封9」の中に保守のストレスを解放できる鍵をみつけた。西尾先生がこの本の中で指摘されている。このご指摘は万能薬となる。この本を数ヶ月前に手にできていたら、ここまでストレスに押しつぶされることもなかっただろう、と思うと、確かに残念ではあるが。他の方々にはまだ間に合う。
「歪な腐りきった精神構造」とは即ち、完全に犯されて柔軟性を失くした「発想」のことである。

GHQ焚書図書開封9、第4章、小見出し「現代日本にこそ「松岡的」政治家が必要だ」から、少し引用する。

P.120 外務大臣というのはこういう人物でないといけません。たとえば、野田内閣が尖閣列島を国有化した。そうしたら中国国内が荒れに荒れ、日本人のデパートや工場が焼き討ちされ、日本に激しい拒絶感情を巻き起こすほどの騒乱が大陸全土に広がりました。われわれはこの騒動をたいへん遺憾とします。
そうした中国の対応に対して、北京に乗り込み、賠償と謝罪を求めてテーブルを叩く外務大臣がいましたか?日本の外務大臣は中国に出かけていって、テーブルを叩いて訴えるべきなのです。

この発想も行動も現代の日本人政治家には既にできない。

外務省がやったことは何かと言うと「石原都知事に変なことをさせないために国有化したのです。民主党政権が領土問題をふたたび”棚上げ”するためにやったことです」と官僚を派遣して弁解させるだけだった。そうして事なきを得ようとしたのです。

何も民主党だけのことではない。今回の慰安婦問題踏襲発言の安倍内閣にしても、どこにしても、相手の顔色を窺い、その場をしのぐ着眼以外になにもできない。ごくごく常識的なきわめて普通の発想がもはやできなくなっているのだ。

「歪な腐りきった精神構造」の意味するものをご理解いただけただろうか?GHQ焚書図書開封9の中に第4章があることはきわめて重要だと、Tel Quel Japonでは特に訴えたい。このあたりはやはり現代日本人の理解が最も及ばないところであるような気がする。
西尾幹二氏のBlogにはこの本の非常に優れたアマゾン・ブック・レヴューが2本掲載されているが、予想通り第4章の存在自体は一切忘却されている。
『GHQ焚書図書開封 9』の刊行(一)
『GHQ焚書図書開封 9』の刊行(二)
このあたりはやはり現代日本人の理解や関心が最も及ばないところなのだろう。「歪な発想」では「発想の歪さ」にもはや気づけないだろうと察して、敢えて記事にしてみた。西尾幹二氏がこの本に第4章、松岡洋右の大演説の役割、を挿入された大きな意図にお気づきあれ。

・・・・・追記・・・・・
参照:Tel Quel Japon過去記事
中西輝政氏の松岡洋右理解の変化

コメント

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

  • 2014/04/24(木) 12:44:45 |
  • |
  • #
  • [ 編集 ]

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

  • 2014/04/24(木) 13:01:54 |
  • |
  • #
  • [ 編集 ]

ありがとうございます

見知らぬ方から、激励のコメントを頂いた。感激!ストレートに嬉しい。いろんなblogを読んでくださっているようで、余計に嬉しい。上の二つの非公開コメント。もしよければ次回からは公開コメントにしていただければ、なを嬉しい。
Tel Quel Japonは敷居が高いとよく言われるが、おそらく非公開コメントの原因も、そんなところにあるのかもしれない。Tel Quel Japonはみんな仲良く、というBlogではないので、仕方がない。

  • 2014/04/24(木) 21:16:39 |
  • URL |
  • Bruxelles #qXcWIg3k
  • [ 編集 ]

突然で申し訳なく

他のブログ名を記入したので、公開しないほうが良いのかもと思いました。返信ありがとうございます!

  • 2014/04/24(木) 21:40:22 |
  • URL |
  • 蛟龍 #YJ2DV75Y
  • [ 編集 ]

FC2 どうもおかしい

最近の2,3の記事に関して、ある方から素晴らしい感想をメイルで頂いた。何故メイルかと言えば、コメント欄に「不正投稿」で入らなかったらしい。再度投稿を依頼して待ったが、やはり「不正投稿」で撥ねられたらしい。ものはためしと管理人の私が代理投稿してみたが、やはり「不正投稿」で撥ねられた。そういえば、この方のBlogに以前私が投稿したときも「不正投稿」で撥ねられた。一体どこのどの辺が「不正」なのか?
私の体験からすると、なにか削っていくとうまく投稿できる場合がある。しかし内容の迫力は随分とそがれる。
今までTel Quel Japonに投稿しようとして「不正投稿」で跳ねられた方がいらっしゃれば、教えていただきたい。
管理人ではなく、FC2が何かkey wordを勝手に決めて、その組み合わせがあると、コメント入稿を拒否するのだ。
以前はこういうことはなかった。ここ数ヶ月くらいだろうか?
「目的」は何なのだろう?

  • 2014/04/24(木) 22:13:30 |
  • URL |
  • Bruxelles #qXcWIg3k
  • [ 編集 ]

それはただのバグです。

お疲れ様です。私はヤフーをやってますが、たまに記事投稿で「投稿できない文字列があります」でエラーになることがあります。削っていくと、何でもない文字の羅列が引っ掛かるようで、特定の言葉などではないようです。こういうのストレスになりますね。

  • 2014/04/24(木) 22:59:40 |
  • URL |
  • 蛟龍 #YJ2DV75Y
  • [ 編集 ]

何が何故引っかかるのかが問題

蛟龍さま
コメントありがとうございます。
ただ「これはただのバグです」、「はいそうですか」でおしまいになる問題ではないと思います。ただのバグであれ、FC2の検閲であれ、何であれ、かかってくるストレス、Blogに対するコメント側の不信感の醸成、コメント機能の拘束、など利用者側の被害は甚大です。
私の経験ですが、特に「力」を入れて、書き込んだ場合、余計に「不正投稿」扱いになるような気がします。今度の場合も、是非に欲しかった核心を突いた素晴らしいコメントだったのですよ。
大昔FMsevenのころ、プログラムを書いて、バグとりをしていましたが、あんなに時間のかかる、しかも根気の要る作業を、コメント投稿者に強いるのは、既に犯罪です。

  • 2014/04/25(金) 09:40:31 |
  • URL |
  • Bruxelles #qXcWIg3k
  • [ 編集 ]

その通りです

検閲だとすれば、もしそれを国がやってるとすれば、憲法に違反します。
投稿後に削除するならともかく、投稿できないのは凄いストレスになります。

  • 2014/04/25(金) 13:27:14 |
  • URL |
  • 蛟龍 #YJ2DV75Y
  • [ 編集 ]

特別コメント欄

今日特別コメント欄を設け、FC2に何度もはねられたコメントを掲載しました。掲載場所は「四方の海 逆ベクトルの意味」の本文の下です。全体的に長い入稿になりましたが、ご了承ください。

  • 2014/04/26(土) 22:48:23 |
  • URL |
  • Bruxelles #qXcWIg3k
  • [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://goodlucktimes.blog50.fc2.com/tb.php/559-b24c9f0b
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad