TEL QUEL JAPON

リビドーの音階が砂漠に死んだヤギの乳をしぼっていく

河野談話 韓国が関与

2014年1月1日 産経新聞に「河野談話 韓国が関与」の文字が浮き上がった。「原案段階からすり合わせ」そして阿比留瑠比氏の記名記事もありタイトルは「日韓合作 欺瞞明らかに」とある。

実際は趣旨どころか談話の原案も最終案も韓国側に提示し「添削」すら受けていた。

詳しくは産経新聞をお読みいただきたい。参照:goo news:
「実際は強制性の認定をはじめ細部にいたるまで韓国の意向を反映させたものであり、談話の欺瞞性を露呈した」という内容である。スクープだと思うが、考えてみれば当たり前で、常識的に考えてあのような談話を発表すること自体が正気の沙汰とは思えないのだ。「ああやっぱりか」と思う人は多いだろうが、そこで思考を止めてはいけない。これは昨年記事にした「セーフコミュニティ認定」と同じで、日本の市町村だけでなく、日本政府の中に韓国政府そのものが紛れ込んでむしろ指導的立場をとっているということだ。日本政府は韓国政府の指導に従っているというとんでもない事実を見逃してはならない。同じことが南京についての教科書問題に関しても言える。教科書内容の認定云々は実を言えば、中国側の認定をいただけるかどうか、だけの問題で、日本という国はどこまでかはわからないが他国の指導下にある。これに関しても「やっぱりか」ということになると思う。もはやあいつは反日だ、あいつは売国奴だという次元をはるかに超えてしまっている。脳の構造自体がいかれてしまっている。記憶しておこう、日本はアメリカの属国だけでなく、複数国が日本を教育・指導しているのだということを。
Bc4iVPACcAEyy1l (400x282)
このニュースは日本の新聞のニュースである。他のBlogでも無数に取り上げているはずだ。川上で真実を暴くことが重要である。慰安婦像の撤去の署名拡散よりも、むしろこういう記事こそ拡散して一気に慰安婦問題云々の息の根を止める必要がある。

・・・・・追記:2014年1月2日・・・・・
安部総理としては河野談話破棄の絶好のチャンスである。
・・・・・・・
ワンパターン保守、自称真正保守またはそのblogも含めて、産経新聞のこのホームラン記事にも反応しないとは、一体どういうことなのだろう?安部総理が河野談話を破棄しないとわかっているから、(何事においてもいつものワンパターンでまたしても)黙殺を決め込んでいるのだろうか?「原案段階からすり合わせ」「韓国側に提示し添削すら受けていた」も確かに内容は「やっぱり」ではあるが新聞記事に、しかも元旦の新聞記事になるのとならないのとでは大きく違う。それとも河野談話が現在の地位を得ているのは韓国の指導による、事がばれてはなにか不都合なのだろうか?マスコミではなく「マスゴミ」とひそかにつるんでいるのは、書き手であり読み手である自称ネット保守なのか?慰安婦や、南京が立ち消えになると、「つきだし←相撲の決まりの一手ではない」がなくなりもはや二度と「居酒屋の宴会」ができなくなるからだろうか?
・・・・・追記:2014年2月7日・・・・・
河野談話の根拠崩壊:TV過去放送
「問い」:安部総理はどうして河野談話無効宣言をしないのだろうか?
過去現在もふくめ日本人がどれだけ迷惑をこうむっているのか、知らぬわけではあるまい。「政治的配慮」において、安部総理は日本人より韓国人に重きを置いている。その安部総理を熱烈支持する真正保守とは、一体何人なのだろう。
12回も「河野談話」の踏襲を明言した安倍晋三

コメント

こんばんは。
そうですね、私もブログでさあ取り上げよう!と思わなかったです。重要だと分かっているのに。
どうしてなのかこちらを読んで我が胸に問うてみました。
安倍さんはまだ本命ではない・・っていうのが一番でしょうか。現在の所は安倍さんが最上、でもこの先へ持って行ってくれるのは別の人、という思いが底にあります。安倍さんはどうしても岸信介関係で「韓国への一定の配慮」を捨てられない人だろうなと奥底で思ってるかも。はっきり言って無理でしょう、期待していません。
保守の人達、内実は安倍さんに100%の期待を抱いている人はそんなに居ないんじゃないでしょうか。日本を取り戻す第一段階としては最良の人だとしても。
個人的には新藤さんが首相になった時にと期待しています。まだまだ分かりませんが。

  • 2014/02/07(金) 23:50:22 |
  • URL |
  • 紺屋の鼠 #4TUF.cSM
  • [ 編集 ]

コメントありがとうございます

紺屋の鼠様
ご意見ありがとうございます。保守の安部信仰はもはや完全にカルト化していると思っていたので、このご意見をお聞ききしてかなり安心しました。ということは少なくとも舛添氏の応援演説をする安部氏に盲目の羊のようには服従しないということですね。「期待していません。」はこころ強いお言葉で、明日の選挙の結果もすでに見えてきました。ただ保守のみんながあなたのような眼力を持っているかどうかというと、いささか不安になるんですよね。

  • 2014/02/08(土) 13:31:27 |
  • URL |
  • Bruxelles #qXcWIg3k
  • [ 編集 ]

再度失礼します。
岸信介関係というのは、戦後アメリカから岸に「お前を放免したのは韓国という(一応自由陣営の)重荷を背負わせるためだから覚えておけ」とあったんじゃと勝手想像してます。
重荷でありくびきですよね。
安倍さんは土台固めと維新・立ち上がれ組など周辺の活動を自由にやらせてくれたらいい。その後半島にしがらみの無い人が本丸攻めだと、私の希望的観測です。

  • 2014/02/08(土) 16:16:52 |
  • URL |
  • 紺屋の鼠 #4TUF.cSM
  • [ 編集 ]

再度コメントありがとうございます

紺屋の鼠様
コメント欄のおかげでお話できて嬉しいです。えぇ!「勝手に想像」だったんですか?いずれにせよ希望的観測を聞かせていただいて有難いです。
「韓国への一定の配慮」を捨てられない人、と言うあたりは岸氏よりも晋太郎氏のほうにつながりがあるように思います。(窪田順生というジャーナリストがその辺を書いていました)
岸信介関係はアメリカが構築した戦後の日本、つまり戦後レジーム(実はまだ誰も実態を解明していない)、日米関係に繋がると思います。あまり目立たないように書いていますが、その辺の面白い過去記事を実は出しています(どちらかというと後で、こっそりと、没にしていたものを追記しました)。著者でありまた話者でもある方も、小説風にして何の結論も出していませんが、それだけ慎重にならざるを得ない内容なのだと思います。
元はA級戦犯だったんですよね。岸氏は。アメリカが白羽の矢を。この辺ですでにアメリカにとっては東京裁判はもう何の意味もない、どうでもいいのです。この人は安保紛争の時、確か太ももを刺されましたよね。報道写真を見た記憶があります。いい悪いは別にして今から思うとあの時の岸氏の命を懸けた一徹さというのはすごいですね。物凄く大きなバックがあったのだと思います。
よかったらTel Quel Japonの過去記事「Compton Pakenham」をクリックしてみてください。古いですがまだほとんど未公開に近い記事です。
http://goodlucktimes.blog50.fc2.com/blog-entry-289.html

  • 2014/02/08(土) 21:21:02 |
  • URL |
  • Bruxelles #qXcWIg3k
  • [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://goodlucktimes.blog50.fc2.com/tb.php/534-2e265ede
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad