TEL QUEL JAPON

リビドーの音階が砂漠に死んだヤギの乳をしぼっていく

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

日本の戦争 日本人の戦争 



Produced by David Batty :
Complete Documentary 


・・・・・追記:2013年8月15日・・・・・
Complete Documentaryの意味をご理解頂いているのだろうか?これは資料の宝庫だと理解すべきではないだろうか?「日本の戦争」に「日本人の戦争」のタイトルまで付記している。日本人ならば、繰り返し最低10回は見ていただきたい映画である。「日本人の戦争」と題したDocumentary filmに拍手がわずかひとつである。どうしたことなのだろう。
白馬にまたがった軍服姿の天皇陛下が登場するので、反日映画だと思って目と耳を塞いで「やめてー」と叫んでいる、アホ保守の姿が目に浮かぶ。旭日旗がはためいたからといっては、反日映画だ、けしからん、と叫んでいる馬鹿保守の姿が目に浮かぶ。尺八や和楽器の音が入ったからといって、反日映画だと騒ぎ立てている間抜け保守の姿が目に浮かぶ。妄想で目に浮かぶわけではない。フランス製の第二次世界大戦のDocumentary filmのごく一部を見て、正論の「NHKウォッチング」に原稿を寄せた、日本人敦子カローさんがそう書いていたのだ。また「NHKウォッチング」担当の本間誠一氏が、ご丁寧に2度にわたってその阿呆馬鹿間抜け自称保守の記事を「正論」で取り上げたのだ。「正論」担当者には記事のチェック能力もないということだ。反日だ、けしからんとヒーヒー騒ぎさえすれば、本が売れるから、filmも一切見ないで、フランスから送られた原稿を無校正掲載するわけだ。そもそも「NHKが関与した」が間違いである。フランスの放送局が総力を結集して制作したDocumentaryである。NHKが制作に関与出来る筈もない。(所蔵filmを一部貸出したとか、貸し出さないとかその程度の次元の話である。NHKが関与した恐るべき黙示録、というタイトルからして、頭から「ハズレ」切ってしまっている。なんという恥さらしな原稿なのか!)日本の自虐史観ノイローゼ自称保守のレベルと「正論」の編集者のレベルの低さがこれほど露骨に現れた例は他にないだろう。
参照:La 2eme guerre mondiale - Episode04
参照:Food for Thought (1)

思うに保守は一体、どのような映像を望んでいるのだろうか?どのような映画を史実としたいのだろうか?A級戦犯たちに天皇陛下が牢獄に押し込められている場面か、捕虜と日本兵が仲良く談笑している場面か、太平洋において敵機が日本の軍艦を撃沈している場面か、日本兵が中国兵に追われて敗走している場面か、昭和天皇が日本国憲法を発布しておられる場面か。敦子カローさん程度に自虐史観がこびりついたノイローゼ患者であれば、おそらく真珠湾攻撃のdocumentary filmでさえ、見るに耐えない反日フイルムになってしまう。極端なことを言っているつもりはない。「日本人の戦争」complete documentaryを出してすでに何日も経過している。ここに来る保守のいったい何人がクリックしてみようとしたのか?英国製のfilmである。だから怖いのか?恐ることなど、何もないという基本姿勢が日本の保守にはないのか?Documentaryである。編集が気に入らなければ、突っ込めばいいだけの話だ。史実を少しでも知りたいと思わないのか?「日本人の戦争」を知りたいと思わないのか?それともDocumentaryを前に史実の創作や隠してきたペテンが暴かれるとでも怯えているのか?どんな戦争であって欲しかったと思っているのだろうか?全くわからない。先の戦争に関して何らかの意見を持つことさえ「出る杭」にしかならないと思って、(空気を読むために)誰かのコメントが先に出るのを全員がひたすら待っているのだろうか?それとも右派グローバル市民のあなたにとっては「日本人の戦争」など、クリックする必然がそもそもないのだろうか!

コメント

やっと全編まとめて見ることができました。見始めたら目を離すことができませんでした。 

今度はこれを、真の意味で「日本人側」から作りたい衝動に駆られました。日本人の日本人による「日本人の戦争」です。

このフィルムそのものよりも、このYOUTUBEにつけられた「彼ら」のコメントにショックを受けました。sex slave, 731, Nanking … そんなのが当然の事実として完全に定着している … これをどうすれば覆すことができるのか … どうすれば先人の名誉を回復できるのか …。

 

  • 2013/09/10(火) 05:54:05 |
  • URL |
  • まるこ #-
  • [ 編集 ]

コメントありがとう御座います。

まるこ様
全編ご覧いただきありがとう御座いました。
「日本人の戦争」が多くの保守を含む日本人自身に強く否定されているから、これをクリックしようとする人が少ないのだと思います。問題は見る前に「日本人の戦争」を否定しているということです。日本人自身が。
「彼ら」のコメントはこんなもんです。保守が保守だけを相手に語る場合は、この現実が見えないのです。日本が(日本政府、日本のマスコミ)種を蒔いたこの現実を、日本人の個人が否定の声を上げて大声で叫んでも、内にも外にも誰にも達しません。気づけば「声を上げる個人」が猿轡をはめられ牢獄に押し込められているというのが現状です。「二度と過ちを犯しません=戦後平和至上主義」という合鍵さえあれば、いつでも抜け出せる牢獄ですけど。

  • 2013/09/10(火) 11:09:58 |
  • URL |
  • Bruxelles #qXcWIg3k
  • [ 編集 ]

日本人の物語

返信ありがとうございます。

ちょっと書き忘れたので追加です。

この同じフィルムを使って、同じ日本人の証言を使って、ナレーション部分を変えて、あと少し言葉を足すだけで、日本人側の物語を作ることができると思いました。

たとえば「玉音放送」 の「私は、日本と共に終始東アジア諸国の解放に協力してくれた同盟諸国に対しては遺憾の意を表せざるを得ない。」部分を付け加えるだけで、たとえば太平洋の島々での戦いにはリンドバークの言葉を加えるだけで、沖縄戦には「沖縄県民斯く戦えり」の大田実中将の電文をつけるだけで、東京裁判にはブレイクリー弁護士やパール判事の言葉を加えるだけで … 同じ映像でありながら全く違う物語にすることができると思いました。 戦後の女性参政権なんてのも … ホント悔しいです。

  • 2013/09/11(水) 04:50:29 |
  • URL |
  • まるこ #-
  • [ 編集 ]

Re: 日本人の物語

まるこ様
あなたの着眼は素晴らしいと思います。でも考えてみると追加したいことはどんどん増えてくるし、Film自体が長いし。もしかしてあなたがYou Tubeでやろうと考えているなら、ものすごい労力が要求されると思います。チャンネル桜の映画よりもはるかに素晴らしい結果を出せるとは思いますが。(その際自虐史観のこびりついた右翼や左翼や保守は完全無視する必要があります。最も足を引っ張るのは国内妥協なんすよね。)
「同じ映像でありながら全く違う物語にすることができると思いました」というあなたの気持ちはよくわかります。

  • 2013/09/11(水) 14:28:08 |
  • URL |
  • Bruxelles #-
  • [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://goodlucktimes.blog50.fc2.com/tb.php/485-6a90986f
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。