TEL QUEL JAPON

リビドーの音階が砂漠に死んだヤギの乳をしぼっていく

セーフコミュニティ認証取得

近所の人に聞いても「全く知らない」という。
最近市の広報に出ている「セーフコミュニティ認証取得」とは何なのだろう。
医療機関での外傷アンケート調査にご協力を、などと書いてあって、わかろうとしないためか、よくわからない。取り組んでいる市町村も取り組んでいない市町村もあるので、聞いたことがない人の方が多いだろう。
市民の安全のために各市が独自に取り組んでいるプログラムなのだろう。
亀岡市 & 小諸市  & 北本市 &
参加を表明して取り組んで2年くらい経ったら、センター?(韓国や台湾、スウェーデン等など?)から審査員をお招きして現地調査となるらしい。認証取得のための必須事項。
疑問なのだが、市の安全活動の取り組みを、何故外国人をお招きしてことごとく説明して、まるで受験生のように緊張して審査や評価をしていただかなくてはならないのだろうか?
あなたの街(市)の広報もちょっと覗いてみてちょうだい。WHOの取り組みということらしいが、市民に対する市の活動をどうして外国の方に審査していただく必要があるのだろうか?市民管理・危機管理行政を細部にいたるまでお見せして、認証取得して、それが何になるというのだろう?これがNew World Orderの実現が極めて近いということの、氷山の一角的現実?
誰に聞いても知らないというので、わからないままにここに書いてみました。先の話ではなく、今ここの話です。
ご意見ご指導お願いします。お聞きしたいのは、活動対象ではなく「お招きして、審査していただく」というあたりの「何故必要か」に関してです。

・・・・・追記2013年7月21日・・・・・
市を特定しないために当市としますが、当市の広報には「事前審査の様子」の写真が掲載されています。お招きした外国の方々が本社の部長、当市の市長をはじめ関係職員は、出張所の臨時職員という感じで、言葉どおり、審査で認証を得るために、戦々恐々。表現が大げさかもしれませんが、広報には以下のように書かれています。
タイトル:○月○日~○月○日にいよいよ本審査を迎えます。
...海外より認証審査員をお招きし、現地審査を受けることになりました。現地審査では、当市のセーフコミュニティ活動について紹介するとともに、各対策委員が日頃の活動や、昨年○月に受けた事前審査で指摘された項目についてどのように改善してきたのか認証審査員に報告し、セーフコミュニティ認証都市としての基準を満たしているのか審査されることになります。...
これを読んで何も感じない、日本は日本人はすでにそこまで海外審査に順応することに慣れきってしまっている。中韓の指示に従う、中韓に指導を仰ぐ、そういう国に成り果てているのでしょう。冗談ですが、もしかしたら外務省を初め政府も見えないところで中韓の認証審査を受けているのかもしれませんね。そうだと仮定すると、竹島も尖閣も靖国も教科書も援助の垂れ流しも、謝罪外交も、移民の大量受け入れも、生活保護への大量支出も、国民の将来に対するとめようのない不安も、何もかもつじつまがあってきませんか?
あなたの都市が現在そうでないとしても、いちど「セーフコミュニティ認証」についてクリックして確認して、ご意見を聞かせていただけませんか?

//////////追記:2013年7月24日////////////////
セーフコミュニティ国際認証取得 豊島区の挑戦
どう思われますか?お聞きしたいのは、活動対象ではなく「お招きして、審査していただく」というあたりの「何故必要か」に関してです。しかも事前審査があって、指導通り改善に取り組み本審査までに成果を出して認証取得に全力を尽くす。それもどうやら5年で期限切れとなり、再度申請再度取得にむけて頑張らなければならない。
突然西尾幹二著「わたしの昭和史 少年篇」を思い出した。少年篇ー2の中に「教師や学校との一騎討ち、と遠田イズムの結果としての学力の低下」という項目がある。GHQの指導下民主主義的授業を目指して、モデル授業が行われたり、教員たちが相互監視したり相互評価したりするのだ。遠田という教師は、教育熱心な立派な教師なのだが、西尾少年は何かが違うと感じて反発する。これはまだ、日本人による自主的な評価システムである。ただGHQ的独善的価値観の押し売りなのだ。セーフコミュニティ国際認証取得の場合は、GHQ下でもないのに、国際認証取得に励み、指導を受け、活動行為を丸出しにし、へつらうのだ。スパイ云々の次元の話ではない。飛び越えてOne Worldの支配下にすでにある、といってもいいのではないだろうか。権威に弱い日本人が偽の権威にマインドコントロールされているのではないか?もっと上位の政治家が政府組織が、唯々諾々と米や中韓の内政干渉に叩頭する姿にぴったり重なる。

ところで上の豊島区の挑戦を見ても、全くなんにも感じない人って、日本という国土の中に何人くらいの割合で住んでいるのだろう?私が近所の人たちから得た感触では99.99%くらい。100%に近い人が、全く何も感じない。「読みましたが、これが何か?」という感じなのだ。つまりは自慢げに○○区の挑戦、○○市の挑戦などというFILMを堂々と誇らしく制作する市町村がこれからも次々に増えていくと推測される。
////////////////////////////////////////////

2013年7月28日追記:知らず知らずに 
よそで見つけた記事 別の話題
2010年 へんなポーズが接客の常識?
2013年 記憶の痕跡
ここで解説:ねずさんのひとりごと
・・・・・・・・
古い媚び媚び写真2葉 :(別の話題)そういえば...
すべて急に始まったことではない。
歴代総理の御努力、ここに至るまでの御奮闘
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

コメント

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

  • 2013/07/24(水) 21:18:24 |
  • |
  • #
  • [ 編集 ]

豊島区の「セーフ・コミュニティ認証取得」

始めまして、昭和逸民と申し、このブログの横着な読者。

豊島区の「セーフ・コミュニティ認証取得」への「挑戦」を視聴。
ウソのようなホントの話だった。

1.池袋を抱えるこのれっきとした地方自治体がまじめにこんなことを公費を使ってやっていたとは。しかし、これが日本の現実と認めざるを得ない。他のいくつかの地方都市でも同様。背後には、A.戦後日本人の弱点と、B.それを狙った“連合国”の計らい、の2つがある。

A.そもそも権威に弱い国民性のうえ、国連(WHO)の権威を無条件に認めがちなこと、国際認証という制度への無条件の信頼、英語を話す者への根拠なきコンプレックス。

B.この日本人の弱点を知る者が弱点を悪用して攻勢をかけている。日本の都市を認証の対象(ありがたいお客さん)とし、生徒の立場に位置付けることは「侵略戦争」の被告の立場に位置付けることと平仄が一致し同じ意図が働いていると思った方がいい。過去のテルケル記事はこの事態を予想し、すでに警告を発している。「国連とはまだ戦時中だった日本にとっては、複数の敵対国の悪意に満ちた勝利の先取り、勝利支配の永遠化機構に過ぎない。」そして現在では「戦勝国の軍事同盟の「拡大版」でしかない」。まったくその通りであり、即刻脱退するか、改善されない限り分担金支払を止めるのがこの「セーフ・コミュニティ認証取得」をストップする即効薬。みなで無視するのが次善の策だが、自治体の内部に認証取得して得点を稼ごうとする不埒者が居て、それを支える反日政治家が居る。

2.富士山の世界遺産登録も似たようなものである。登録のためにかけた時間と費用は莫大なものだったろう。世界遺産に認められる必要は毛頭ない。認められずとも古来多くの日本人が敬い、歌に読み、横山大観が愛した富士は富士。寧ろ登録されることで霊峰の価値を損ね穢れると何故考えないのだろう。屋久島や白神山地も同様。

3.品質規格のISO9000やJ-SOXも同様。日本製品の品質はISOの認証を得ようと得まいと変わらず、企業経営で出光佐三の見識をもてばJ-SOX以上のレベルに到達できる。こんな認証で箔がつく、ことを認めなければ済むこと。しかし製造企業は雪崩を打って認証を取得、その結果、英語の上手な英米系のコンサルタント会社やその亜流が大儲けする仕掛けになっている。

4.これは国際共産主義に通じる広義のグローバリズムであり、新たな収奪システムであり、国難の一種であり、日本として有効な対抗策は、遠回りなようでも、国家意識と民族の矜持を全国民に共有させることである。これは従軍慰安婦や南京虐殺などの日本の名誉を貶めようとするたくらみとも軌を一にする。これらのたくらみをひとつひとつ丹念に潰してゆくしかない。

5.選びうる他の方策は、英語を使いこなす日本の人材を認証する側に多く送り込み、日本人主導のシステムに変えていくことだが、これは国連の理事国となり主導権を奪わねばできぬことでもあり、実現の困難な道である。

  • 2013/07/29(月) 17:17:22 |
  • URL |
  • 昭和逸民 #-
  • [ 編集 ]

Re: 豊島区の「セーフ・コミュニティ認証取得」

昭和逸民様
コメント有難う御座います。太字にしたり色を変えたり、呼びかけたりしているのに、反応が無くて、かなり絶望的な気持ちになっていました。記事だけなら反応はないだろうと「豊島区の挑戦」を置いたのに、手応えがなさすぎて、これが平成の日本国民の実体なのかと、それともTel Quel Japon←Unsafeの表示のせいで誰ひとり「豊島区への挑戦」をクリックできないのかと、暗い気持ちで悩んでおりました。「英文ばかりじゃ、誰も読む気がしない」という声も届いたので、特に最近は「日本語ばかり」にしているのに、この有様、昨日は早々とBlog敗北宣言をしたばかりです。
なにからなにまで、こちらの発信意図を把握して下さり、充分論考して下さりありがたい限りです。Blogを続けていて良かったなと思うのはこういう時です。
国連の中では明らかに韓国は日本より上、指導する立場に「認証されている」ようですね。
セーフ・コミュニティは私の感じるところでは、住民動向や危機管理の把握が中心で警察が高齢者の生活調査と称して、かなり細部にわたって個人情報の収集管理をしているようです。報告・提出するためにです。政治支配の下準備をされているような嫌な感じです。膨大な費用と時間の損失は「富士山の世界遺産登録」に似ているとは思いますが、こちらは他国による日本人把握・日本人コントロール(支配)に直結するので、行く末を考えると恐ろしくもおぞましいイメージばかりがふつふつと湧いてきます。
多くの人に気づいていただき、マスコミを始め多くの角度から「認証取得取りやめ」運動が起きることを願っています。馬鹿馬鹿しいと気づく人がひとりでも増えますように。

  • 2013/07/29(月) 23:17:15 |
  • URL |
  • Bruxelles #qXcWIg3k
  • [ 編集 ]

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

  • 2013/08/06(火) 21:21:48 |
  • |
  • #
  • [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://goodlucktimes.blog50.fc2.com/tb.php/479-2342e124
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad