TEL QUEL JAPON

リビドーの音階が砂漠に死んだヤギの乳をしぼっていく

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

どこが究極の駄文か 脱線 6-10  綱を引く手

「おかあさん、優しそうな顔してますね、お願いです、ラッキョウ買ってください。2000円です」「有難う御座います。私のお母さんのように感じます。おかあさんのために(かあさんの歌)を歌います」その子はいきなり人の家の玄関で大声で「♫ かあさんが夜なべをして ♫」と歌い始めた。母は玄関に正座して聴き始めた。真隣の部屋で寝ていた私は、されるがままの母にも、やりたい放題のその女子にも吃驚。ここは怒りを表現しなければと冷静に判断してから「ウルサイ、下手な歌唄うなー!」と極道の岩下志麻バリのドスの効いた声を出して威嚇した。あたふたと歌の途中で逃げていったのは言うまでもない。
私のずっと年上の友人は、20万円で印鑑セットを買ったと言っていた。大変に喜んでその統一教会の訪問販売人は何度も繰り返し家に遊びにやってきたと言う。「それ以上は買わされなかった」そうだが。その有閑マダムは北新地のナイトクラブを売却したあとだったので、20万円は端た金、しかも心にどこか寂しさがあったのだろう。80年代?、ほとんどの日本人はこの手の訪問販売人から何かの物を買っているはずだ。(友達はオオム事件の時も「オオムの子は皆澄んだ目をしている」と言っていた。問題意識をもつ時点では真面目で誠実な人達だったのだろう。)売り手は無給で人格を抹殺されてコマネズミのように働く。正規の仕事を辞めて街から街へと。
もう一つ、純潔運動というのを展開していたことがある。私は駅前でつかまり署名を求められた。「乱れた日本人の道徳を立て直し本来の家族の絆の復活」というような運動で、街頭に一週間立ち続けたあと、訪問署名運動に切り替え、我が家にもやってきた。一軒一軒回って個人情報を集めていたに違いない。その人たちは正体はもちろん明かさず、何か適当なグループ名を名乗っていた。「確かに必要を認める立派な運動だと思いますが、署名を集めて解決する問題ではないのでは」と答えて私は2度とも署名を拒絶した。(Noと言ったり拒絶したりすることは、日本人は訓練なしには出来ない。流れに呑まれないためにはこの訓練は必須だと思う。Noというにはかなりのエネルギーが必要だが、Noというべき時に曖昧にYesというような人間では、社会人として無責任すぎるし、友人間に於いてさえ不誠実すぎる。)
先ほど純潔運動と書いたが、内容は他に、中絶禁止だったり道徳の復活だったり、家族愛の強化だったり、日教組や行き過ぎたフェミニズム、ジェンダー・フリーの打破だったり、教育の立て直しだったり、憂国・愛国だったり、組織名が変わるように、様々に変わる。合同結婚式で相当イメージダウンしていたので、いかにもの正論をいうことで、別口の組織を装い、新たなコマネズミの獲得と売上の拡大を目指していたのだろう、くらいに思っていた。この時点では世界中のアカデミズムや政界への強力な浸透や実業界での揺るぎない地位の確保が進行しているなどとは、誰も予想だにしなかったのではないだろうか?
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
Tel Quel Japonの過去記事
最近「今から思えば」のコメントを追記しました。
あの人たちは何者だったのか?はてな?
親学推進協会? wikipedia & HP :
木村治美会長:wikipedia ←必読
世日クラブと木村治美:←追記2013年6月17日
追記:6月17日
親学推進協会と日本戦略研究フォーラム会長 中條高徳 の関係
日本国際文化協会と 中條高徳の関係
〇全教協が国民の皆さんに訴えたいこと等
No.1 & No.2 & No.3 & No.4 :
純潔教育:wikipedia
APTF & APTFの歴史 & APTF関連リンク
「真の家庭運動」の正体は ?
神々の風景:幸せな家庭をつくる会
『真の御父母様』の実態? ←videoあり
家庭は愛の学校:APTF←中を読むこと
これを全部読むと島根県は植民地状態。島根人格教育協議会とは何?人格まで改造されるの?
APTF=真の家庭運動推進協議会
機関誌 真の家庭backnumber:
平和大使協議会:平和や国際云々で多くの組織がある。
統一教会You Tube & 統一教会一覧
一心特別教育院 千葉県浦安市東野2-25
千葉中央修練所 : 全国成和学生教育者研修会
真の父母様と真の家庭 :
愛・家族・人生・夢 ラジオ放送 ラジオnetwork:
Heartful Message ロマン溢れる日本国神話等:
またしても日本会議の出雲井晶がでてきた。竹本忠雄氏と同レベルの口から出まかせ、紙芝居レベルの画家?しかし一般的日本人の99%がそれをありがたく知識としておし頂いている。この現状は現実として覚悟を持って受け止めなければならないと思っている。それにしてもこの放送、いかにもワンパターン保守が飛びつきそうなアホでもわかる「日本人の心」ネタの餌ばっかり、ストレートに心の琴線に触れるので高揚するのでしょうね。マインド・コントロールのステロイド剤。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
土屋敬之氏 :wikipedia
真正保守として胸のすくような八面六臂の大活躍。
産経新聞は土屋たかゆき都議の嘆きを聞け
私も昔から今に至るまで産経新聞ファンなのでお気持ちはよくわかります。これまでたくさんの人に勧めてきました。最初の新聞投稿は19か20の時、土屋氏と同じ産経新聞でした。ゲバゲバ時代だったからか「腐ったか日本人、今こそ理想像を」と新聞社がやや大げさなタイトルをつけました。支持や反論や再投稿が追って掲載され紙面を賑わせた時期が少しありました。それゆえ?どこからともなくカミソリの入った恐ろしい脅迫状が来て、震え上がったことを思い出します。ただ、昔バリバリの民族派でしかもその後は現場の政治家であった土屋氏が2010年の時点で「産経新聞少し変」だけではあまりにもど素人レベルの嘆きでは?
七生養護学校事件 : 露骨な性教育に対する当然の抗議です。 
参照1:この件に関して、「過激な性教育に反対し最高裁に上告した都議支援を訴えるデモ行進が行われた」という記事(世界日報):他のマスコミの報道がおかしいから世界日報が抗議し、都議たちを支援しているわけです。どこが報道しようと何の問題もない。
参照2:問題は誰が、どんな組織がデモをしているかということですね。(世界日報販売局長のBlog) よく読んで下さいね:古賀俊昭・土屋敬之都議の上告審での完全勝利を支援するデモ行進(主催・真の家庭推進協議会
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
10000人くらいの助っ人を得て最低10年くらいこの作業に集中してもらえれば、多少は解明できるかもしれない。例えば、世界教授アカデミーの教授全員の論文を徹底的に調べるとか、ベルリンの壁やソ連崩壊に具体的に誰を使ってどのように関与したのだろうかとか、次から次へと無限に思えるくらいに課題は思いつくが、ひとりではとても手に負えない。おまけに統一教会は今は(ブーム)ではないので、人々の関心が全く集まらない。いくら書いても、また読み手を稀に得ても「もっと知りたい」という声は全く聞こえてこない。脱線6-10をもって最後とすることに決めた。誰も喜ばないこと、みんなが嫌がることを書き続けるほど暇ではない。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
時は春、日は朝(あした)、朝(あした)は七時、
片岡(かたをか)に露みちて、揚雲雀(あげひばり)なのりいで、
蝸牛枝(かたつむりえだ)に這(は)ひ、神、そらに知ろしめす。
すべて世は事も無し。

真正保守の皆様、どうぞお花見にでも行って頂戴。


コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://goodlucktimes.blog50.fc2.com/tb.php/454-31a5575a
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。