TEL QUEL JAPON

リビドーの音階が砂漠に死んだヤギの乳をしぼっていく

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

どこが究極の駄文か 脱線 6-9 信者性白内障

文鮮明師と統一運動に賛同する人達
・・・・・・・・
福田信之(元筑波大学長、理学博士)
「文鮮明師と金日成主席」著者 & 祝辞 :
筑波大学元学長・福田信之博士と久保木修己・統一教会名誉会長の対談」←筑波大学を私物化
加藤栄一(筑波大名誉教授、元自治省参事官)
久保木修己先生の大勇を思う」(世界日報2005.1.5)
高橋磐郎(筑波大名誉教授、数学専攻)
参考資料 & 祝辞 & 文師の不当裁判への見解 :
近松良之(元筑波大教授、養護施設ひかりの子学園園長)
統一原理は、西欧に生れたキリスト教が、東洋に根付いてゆくケースの一つを意味し、さらには、新しく韓国に誕生した東洋的キリスト教として、ポストモダンなる時代性、すなわち世界性を担うに値するキリスト教である。(中略)宗教には、家庭を破壊する側面がある。イエスは、「死者をして葬らしめよ」といい捨て、道元禅にも、家のしがらみを振り捨ててきた祖師たちの伝統が生きている。だが、統一原理では、四位基台をなす家庭が、社会の基盤であり、単位であることが説かれているのである。(中略)家庭の崩壊は、必ず子供にしわ寄せされて、崩壊のあとに取り残されるのは、情緒障害児であり、心障児である。(中略)四位基台としての家庭本位主義は、病患社会に対する警告の意味をもつものといえる。
植田利喜造(元筑波大教授、理学博士、生物学専攻)
結婚は個人にとっても、子孫にとっても、はたまた国家、社会にとっても重要で、しかも重大なことです。(中略)民族内だけ、あるいは国内だけでの結婚か、はたまた国際間での結婚かということになると、前者では生物学的に見ても、悪質な劣性形質の発現の起こる可能性があるのに対して、後者では雑種強勢の現象も付け加わって両親よりも秀れた形質が出現するばかりでなく、国際親善にも役立ち、統一社会、人類一家族世界を築く上でも早途になるでしょう。この点に早くから着目され実行されているのが文鮮明師による国際間にも及ぶ合同結婚式であると思います。
・・・・・・・・・・・
その他を少しだけ。
菅原喜重郎 (元衆議院議員、世界平和超宗教超国家連合共同議長)世界平和超宗教超国家連合(IIFWP)←聞いたことがない
池田和義/大阪大名誉教授・理学博士 :
山口彦之(東大名誉教授、農学博士)
一松 信 京大名誉教授・理学博士(数学):
合同結婚式祝辞 & 文師裁判への見解
細川隆一郎(政治評論家、元毎日新聞編集局長)
白井浩司(慶大名誉教授、フランス文学専攻)確認
大学紛争の盛んな頃、紛争に批判的であるばかりか、ベトナム戦争の本質をはっきりと見抜いている塾生がいた。それが原理研究会の学生で、彼に会えたことはまさに干天の慈雨のごときものだった。出席する学生が数人なので、がらんとした教室でお互いに悲憤慷慨した。その結果生まれたのが『慶應キャンパス』という学内新聞だった。(中略)原理研究会の塾生が左翼学生の騒動を未然に防止しているのは力強い限りである。
この人が勝共連合とは、一番意外だった。ついでの話に過ぎないが詩人支路遺耕治のペンネイムはサルトルを紹介したこの人の名に由来する。 : こういうこともあったらしい
帰国した2人は「金芝河氏は売名的で自分を英雄視しているようだ。共産主義の北朝鮮と接している反共国家の韓国政府が逮捕するのはやむを得ない」というような報告をした。
清水馨八郎 千葉大学名誉教授
参照1 & 参照2 :
西堀栄三郎(元日本山岳会会長、第一次南極越冬隊隊長、理学博士)
久保田信之世界日報社から
(以下はお仲間の福田信之氏のwikipediaから抜粋)
世界平和教授アカデミー会員仲間の黒田巍・東京教育大学名誉教授、久保田信之・学習院女子短期大学教授、名越二荒之助・高千穂商科大学助教授らと共に活動。
石井 昌浩 元国立市教育長教育を正す東葛市民の会
・・・・・・・・・・・・・・・・

//////////////////////////////////
統一運動・全体版 (膨大なサイト) main & Link :
///////////////////////////////////

・・・・・追記:2013年3月19日・・・・・
アサヒビール 中條高徳名誉顧問 wikipedia
wikipediaには何も書いていないが、こんなうっかりさん
井上茂信 外交評論家・元産経新聞ワシントン支局長:
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
統一教会情報紀藤正樹弁護士
(宗教ロック :アウトロー故の目の確かさ、故の自由さ)

//////////追記:2013年3月25日/////////

脱線6-6に以下のように書いている。

タイトル:産経新聞=思想新聞 世界思想=正論
(下に太字にしている2箇所の「暴露」を読まないと違いは絶対にわからない。内容が同じなら出版社が違っても問題はないではないか、という人もいるだろう。「餌」の意味、ご理解いただけるだろうか?)

これに関して、今日面白い記事を見つけた。これでひとまず解答としよう。まさか偽サイトではないだろう。

産経新聞愛読者倶楽部:
文鮮明死去を機に統一教会との関係を検証しよう
統一教会との関係は「右」の勢力みんなが反省しなければいけないが、まず産経新聞が検証してみてはどうか
新聞記者としては情報リテラシーのさなを公言しているようなもので、これら記者たちが歴史に名を残すとすればその愚かさでであろう。カルト被害者を増やした責任は重い。

ついでにこういう記事も見つけた。
文鮮明氏がなくなったら、早速幸福の科学に乗り換えか?確かに餌は同じだとは言え。
文鮮明死去…藤岡信勝はどうすればいいのか
幸福の科学「霊言」の前座を務めた藤岡信勝
・・・・・
ここでもう一度福田信之氏のwikipedia : 森本真章・福井工業大学名誉教授、滝原俊彦・帝京大学教授らと結成した「教科書問題研究会」で代表を務める。さてこの「教科書問題研究会」とは?ここで再度「噂の真相」82年10月号特集を :「教科書問題研究会」のメンバーの多くが世界平和教授アカデミー会員になっていることは、すでに前述した: 当然反共組織、とすれば後の「つくる会」とほとんど境目がなくなった?もともと藤岡氏が統一教会系であるないは別として、「つくる会」の分裂は、西尾氏がやめられてからは世日クラブ系の皆様vs藤岡信勝氏が原因?其の辺の解明は共産主義バリバリの藤岡氏が何を契機として教科書の正常化に取り組もうとされたか?これは藤岡氏のみならず、すべての転向者に聞く必要があるでしょうね、今となっては。それとも、解答はもう目の前に出ていて、もはや聞く必要もないかもしれませんが。どうでしょう?
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://goodlucktimes.blog50.fc2.com/tb.php/453-96b76727
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。