TEL QUEL JAPON

リビドーの音階が砂漠に死んだヤギの乳をしぼっていく

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

どこが(究極の駄文)なのか?6-2 保守の惨状

繰り返すが私にはいかなる場合でも個人攻撃の趣味は無い。「矛盾を突く目」を持つ重要性を訴えたい一心で、加えて保守独特の「排他性」「しかと」に対する忍耐も極限に来たので、覚悟を持って気の重い気の進まない記事を連作している。怒りと絶望を感じるとすれば、権威、権力に盲従し、周りの空気を読んでしか決して判断も行動も思考もしない、大半の自称保守の独自検証能力の無さに対してである。「居酒屋の宴会」の楽しさが欠落している点は重々反省している。書いて楽しくない記事は読んでも楽しくないはずだ。申し訳ない気もしているが娯楽でTel Quel Japonをスタートさせた訳ではないので、その点はご了解いただきたい。長い前フリを書いているが、今日は話を本論から脱線させてまで「保守の惨状」などという「目も当てられない」記事を書かねばならぬからだ。
・・・・・・・・・・
前回の記事の元筑波大学長福田信之氏をクリックしていただけただろうか。お読みいただけただろうか?

福田:私はアメリカやヨーロッパを回り、国際的展望をもった大学が必要だということで筑波新構想大学の創設に携わるようになったのです。以来8年間、私は四面楚歌の状態で大学創設を進めました...私自身、筑波大学をつくることにしたのは世界の大学を視察してからです。欧米の大学を見ながら、日本の大学を何としても改革しなければならないという思いにかられました。これは私の人生の中でも最も激しい運動でした。(筑波大学を個人の私設大学と勘違いしていませんか、これ。税金という名の私のポケットマネー感覚?なのでしょうか。こういう人だからこそ国立大学のCampusで、自由自在にオカルトの国際イヴェントを開催できたのでしょう)

お読みになって何も感じませんでしたか?ひょっとして自分も文鮮明氏を心の師にしたい、と思われたのでは、まさかないとは思いますが、わかりません。時間を戻せませんし。( )内と同じように感じてくだされば、次に繋げやすいのですが。
img_his_1991.jpg
写真は福田信之&文鮮明のように見えるかもしれませんがこれは金日成&文鮮明のツーショットです。
上のリンクの中の福田信之氏の言葉の中で「その時、福田元総理の「アジアに偉大な宗教指導者現わる。その名は文鮮明である」という挨拶がとても印象的でした。今思えば、文先生について全く正しい評価を与えていたんです」という発言がありますが、あなたは読んで信じましたか?ちょっと調べてみました。
福田赳夫元首相の証拠写真:←ありました。他にも
金丸信副総理、証拠写真
岸信介元首相と文鮮明師証拠写真
元立教大総長・元参議院議員・弁護士 松下正寿
福田信之(元筑波大学長・理学博士):←別の証拠
日本・元内閣総理大臣 中曽根康弘
清水馨八郎氏
東京の安保大会で文国進会長講演 :←こういう仕組み
ワシントン・タイムズとUPI通信社 :←こういう仕組み
今回も「シカト」したいって?お気持ちわかります。
アカデミズム、ジャーナリズム、財界、政界、文学界、芸能界、しかも皆さん超一流、権威と権力そして名声をお持ちです。そちらに与するのが手っ取り早い出世の道安全の道ですしね。あなたの大好きな方たちでしょう。これはほんの氷山の一角です。もう疲れた、やめてくれって?リクエストコメントでもあれば、明日にでも消しましょう。おせっかいは嫌ですからね。
img_his_1991.jpg
最後にこういうのを見つけたのでその(1)だけ。あとはご自分で。この中から一部引用します。

大蔵大臣だった福田赳夫氏が「東洋に偉大な思想家現る。その名を文鮮明という」と言って、文先生と抱き合ったが、あの時に先生は「為に生きる」ということを強調された。(中略)私はこの「為に生きる」に打たれた。この一言を私は生涯の教訓として、あらゆる機会に述べさせていただいている。 <参考サイト:統一教会と天皇皇后両陛下> 助野健太郎(聖心女子大名誉教授、元キリスト教史学会常任理事、皇后陛下の恩師)

皇后陛下の恩師なら皇室と繋がります。そしてそのパイプを通してこういう事態が起こります。頭が混乱しませんか?えぇ!あなたも入会するって?えぇ!もうしてるって?そう言えば「両陛下と親交が深い」民間人、も皇后陛下とより親交が深まる特権的活動を近年しましたね。
統一教会と天皇皇后両陛下 :←写真付きです。
・・・・・・・・・・

img_his_1991.jpg
蛇足ですが二つ追加:
ブッシュ元大統領一家、統一教会・文鮮明師の教えを支持 :
オバマ大統領、統一教会・文鮮明師の功績を讃える

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://goodlucktimes.blog50.fc2.com/tb.php/445-c4c02f02
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。