TEL QUEL JAPON

リビドーの音階が砂漠に死んだヤギの乳をしぼっていく

Stalin's War by Ernst Topitsch

Stalin's War by Ernst Topitsch 書評:
Ernst Topitsch by 萩原 能久:
06 May 2012 Stalin's War - A book review:
WORLD WAR II AS A SOVIET PLOT
「正論」新年号、西尾幹二氏と福井義高氏の対談、P.239にオーストリアの著名な哲学者エルンスト・トーピッチュの「スターリンの戦争」にふれて「スターリンは対独攻撃を準備していたが、ヒトラーに先を越されてしまったのだ」と考える研究者が増えてきています、という福井氏のご発言があった。それで少し調べてみた。↑

Stalin's WarsというのはGeoffrey Robertsの筆になるものもあった。こちらはStalin側の視点で、ヒトラーや第二次世界大戦に関して今までとあまり変わらない歴史観なのだが、Stalinが指導者としていかに優れていたか、に重点が置かれている。まあ考えてみれば日本もイギリスもアメリカもドイツもこいつも、作戦的にはStalinの手のひらで踊らされていたのだから、指導者としてStalinが飛び抜けて優秀だったことは間違いのないことだ。人類史上に名を残す悪魔であっても、最大の殺人鬼であっても、生まれてまだ間もない国を世界の大国に押し上げた結果としての力量は、嫌でも認めなければならない。Geoffrey Robertsの方のStalin's Warsで新しい観点といえば、Stalinは冷戦を望んでいなかった、というところだろうか。連合国としてあのままイギリスやアメリカや中国をフランスのように手懐けていれば、少なくとも表面的には和気藹々と世界革命を達成していたかもしれない。Stalinからすれば他の連合国に於いてスパイ工作などが発覚し、正体がバレた、つまり冷戦への移行は、避けることが可能ならば避けてシラを切り通したかったに違いない。「Stalinは冷戦を望んでいなかった」というのは、考えたこともなかったが、言われてみれば当たり前のことだ。国際連合の設立までは、思い通りに進んでいた、ということになる。
Stalin's Wars: From World War to Cold War, 1939-1953
Soviet Union could have won WWII alone” – historian

Geoffrey RobertsのStalin's WarsからErnst TopitschのStalin's Warに話を戻す。Ernestの本の紹介文を読みながら「大東亜戦争とスターリンの謀略」三田村武夫著を思い出した。そしてまた「砕氷船理論」を思い出した。そしてここにもうひとり興味深い筆者、そしてその人物の講演videoを見つけた。
514IatPlaxL__SL500_AA300_.jpg
Victor Suvorov (Icebreaker)
Who Started World War II? by Viktor Suvorov:1~4
This is Viktor Suvorov's book presentation at the United States Naval Academy on October 7, 2009
Victor Suvorov explains 1/4
Victor Suvorov explains 2/4
Victor Suvorov explains 3/4
Victor Suvorov explains 4/4
オーストリア人哲学者の著書を元ロシア人諜報員がわかりやすく解説している感じがする内容である。哲学者の本に反論は容易いが、この元ロシアのお笑い諜報員の解説はわかりやすくて説明もうまいので、反論される隙は意外にもない。You Tubeの解説の転記↓
A former Soviet army intelligence officer (true name Vladimir Rezun), the author explains that Stalin's strategy leading up to World War II grew from Vladimir Lenin's belief that if World War I did not ignite the worldwide Communist revolution, then a second world war would be needed to achieve it. Stalin saw Nazi Germany as the power that would fight and weaken capitalist countries so that Soviet armies could then sweep across Europe. Suvorov reveals how Stalin conspired with German leaders to bypass the Versailles Treaty, which forbade German rearmament, and secretly trained German engineers and officers and provided bases and factories for war. He also calls attention to the 1939 nonaggression pact between the Soviet Union and Germany that allowed Hitler to proceed with his plans to invade Poland, fomenting war in Europe.
Suvorov debunks the theory that Stalin was duped by Hitler and that the Soviet Union was a victim of Nazi aggression. Instead, he makes the case that Stalin neither feared Hitler nor mistakenly trusted him. Suvorov maintains that after Germany occupied Poland, defeated France, and started to prepare for an invasion of Great Britain, Hitler's intelligence services detected the Soviet Union's preparations for a major war against Germany. This detection, he argues, led to Germany's preemptive war plan and the launch of an invasion of the USSR. Stalin emerges from the pages of this book as a genius consumed by the vision of a worldwide Communist revolution at any cost--a leader who wooed Hitler and Germany in his own effort to conquer the world. In contradicting traditional theories about Soviet planning, the book is certain to provoke debate among historians throughout the world.

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://goodlucktimes.blog50.fc2.com/tb.php/430-ca6ae289
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad