TEL QUEL JAPON

リビドーの音階が砂漠に死んだヤギの乳をしぼっていく

日中友好の起源と正体 岡野と杉本の役割

通化事件 未完← Tel Quel Japon過去記事
(上の記事の中より) 通化事件 その5 
(注:岡野=野坂 杉本=前田)

中国共産党の根拠地延安 からは、日本人民解放連盟 で野坂参三 に次ぐ地位にあり、当時「杉本一夫」の名で活動していた前田光繁 が政治委員 として派遣された...後日、日本人遺留民は通化劇場に集められ、前田光繁から「川内亮通化県副県長たちは満州国の幹部であったから処刑は仕方のないことであった」旨の説明がなされた...前日(情報漏洩) 2月2日 、正午過ぎに林少佐は蜂起の情報を前田光繁に電話で伝えた。前田は中国人政治委員の黄乃一を通じて航空総隊隊長の朱瑞(zh )に報告した。同じ頃、藤田大佐の作戦司令書を持った中華民国政府の工作員が2名逮捕されており、劉東元 中国共産党軍司令立会いの下で尋問が行われた。工作員は拷問を加えられても口を割らなかったが、日本語の司令書は前田によって直ちに翻訳され、夕刻には中国共産党軍は緊急配備に着手した。

通化事件検定:全7問中7問正解、そして全国1位でした!が、受験者も1人でした。この通化検定7問中に今回の中心人物が登場します。通化事件においては重要人物ということですね。
以上はまえ振り
////////////////////////////////////
////////////////////////////////////
以下は本内容
撫順の奇蹟を受け継ぐ会:
上のペイジを見て季刊「中帰連」のペイジを知った。
撫順の奇蹟を受け継ぐ会が紹介されていて、「過去を胸に刻み、これからの教訓とする。「前事不忘・後事之師」の中帰連の精神を受け継ぎ、反戦平和と日中友好に取り組む市民団体・受け継ぐ会にあなたも参加しませんか? 」と入会の呼びかけがある。
中国帰還者連絡会とは?をクリックする。
会員=中国を侵略して戦犯となり、中国の寛大政策により帰国したもの。となっている。中帰連は2002年、全国組織を解散し、その事業を「撫順の奇蹟を受け継ぐ会」に受け継いだ。とある。
まるで反日の砦、文章を読むと自虐史観の水源発見、という気分になる。マイク・ホンダやアイリス・チャンはこの組織から見るとヨチヨチ歩きの子供に見える。完璧な洗脳である。120%の洗脳である。日中友好の母心、のような力強く一貫した愛すら感じる。この人たちにとって日本は原罪そのものの国であり、毛沢東は慈愛に満ちたキリストに見えるのだろう。
彼らの体験を聞こう。
沢田次郎さんの話:「認罪」「思想改造」を認識した上で、教えられたStoryから逃れることが出来ないのだ。もう一人の話も聞こう
人間に戻った元将兵たちの声を聴け」 梶村太一郎
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
間接的参照:Tel Quel Japon過去記事
GHQ焚書図書開封 敗走千里
間接的参照:Tel Quel japon過去記事
日本人洗脳工作
間接的参照:Tel Quel Japon過去記事
通化事件 未完
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
直接的参照:
撫順日本戦犯収容所の真実
撫順日本戦犯収容所の真実
撫順日本戦犯収容所の真実
撫順日本戦犯収容所の真実
中帰連・撫順戦犯管理所洗脳プロセス(南京関連):
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
日本人改造洗脳法詳細分析:反日の核構造
中国戦犯の「洗脳」について(1)
中国戦犯の「洗脳」について(2)
脱洗脳講座:田辺敏雄
/////////////////////////////////////
/////////////////////////////////////
以下はあと振り
中帰連 証言集会のペイジ

戦場の加害と抵抗 :証言者 前田光繁(元日本人反戦同盟員)
「兄弟たち、君らの真の敵はここにはいない」 ―― かつて日中戦争のさなか、中国の最前線で日本軍に向かって反戦を呼びかけた日本人たちの一群がありました。「売国奴」、「国賊」などと罵られながらも、どうして彼らが反戦運動に立ち上がっていったのか。日本人反戦同盟のたたかいは、これからの極北の時代にこそ輝きを増すでしょう。今回は、反戦同盟を立ち上げた一人、前田光繁さん(89歳)の体験を聞きます。

maeda.jpg
前田光繁検定前田光繁 wikipedia:

朱徳と行動を共にして戦闘に参加した後、1942年(昭和17年)に反戦活動のため延安に移動し、終戦まで同地にとどまった。終戦後満州に赴き、中国共産党および八路軍の活動に協力しながら、通化事件にも関与した。その後も八路軍のために活動を続け、1958年(昭和33年)に日本へ帰国した。帰国後は日中友好協会の理事を務めている[1](前田氏は立場的にほぼ野坂クローンとして通化事件に関わっている。決起した側ではない)

かつて八路軍に参加した旧日本軍兵士の座談会:
(2012年11月17日:追記)
小林寛澄氏 日本人の八路軍兵士(上)
元八路軍の日本人兵士「中日友好のため、百歳まで努力」
駐日中国大使館が中国人民抗日戦争勝利65周年座談会
「世界」2007年8月号
北京で再会した中日の「戦友」たち:既に息子の時代

光繁さんの息子の哲夫さんは言う。「当時の日本人は、誰も日本が負けるとは思っていなかった。そういう状況下にあっては、父の八路軍参加は尊敬するに値します」

////////////////////////////////////
////////////////////////////////////
以下余談
中国空軍創設につくした日本人教官
中共空軍創設秘話 その3
林弥一郎 wikipedia:

/////追記:2012年10月22日/////
参照:日本解放第二期工作要綱
参照:石平氏が激白!中国人が日本人大虐殺を計画!
参照:韓流研究室
/////追記:2012年10月30日/////
戦慄の「日本支配工作要領」ねずさんのひとりごと
荒んでいく世界
You Tube 田母神塾

・・・・・2013年5月5日・・・・・
「認罪~中国撫順戦犯管理所の6年」NHKハイビジョン特集

・・・・・2013年5月8日・・・・・
日本人中国抑留の記録8(戦犯裁判)
8をあげたがこれは日本の番組で1から9まである。今日本が制作したひどいひどい番組を1~9まで全部見終えた。心底鬼畜生と化しているのは番組制作者および関連者である。
兵隊の出兵とは、前にも書いたが、あの学徒出陣のように天皇陛下のために武士として命を捧げる、などという空想情緒に溺れるべきものではない。「海ゆかば」を歌って、命を捨てる場所を探しに行くことではない。繰り返す。戦争が過酷なのは、ひょっとしたら友達になれるかもしれない、憎んでもいない人をしかも多量に殺さなければならないことだ。敵国の国土を徹底的に荒廃させなければならないことだ。それが兵隊の仕事だ。日本兵の顔を見て欲しい。残忍な顔も卑屈な顔も一切ない、全員素晴らしい人間性に満ちた面構えである。それをジクジク「人道に反する罪?」などでいびり倒す、戦後何年も何年も捕虜の救出もしないで、彼らの苦しむ姿を晒しものにして悦に入る解説者、恥を知れ!吐き気がする!保阪正康はこの間まで正体ばれず保守の論壇で人気を博した昭和史研究家。そして姫田光義は、日本人民解放連盟 で野坂参三 に次ぐ地位にあった杉本一夫こと前田光繁といつもセットで自虐史観洗脳工作を続けている、中央大学教授ではないか。どうしてこんな工作員が堂々と国営TVに出るのだろうか。また日経新聞もたくさんの日本人もグルである。参照:日経新聞 :
129570449938516204991_P1220209.jpg
・・・・・・
以下の文を読まれんことを願う。
参照:中国共産党の対日プロパガンダ戦術・戦略

コメント

正体見たり、「日中友好」!

じっくり読み込む時間はないのですが、

「日中友好の起源と正体 岡野と杉本の役割」

は上手い取り上げ方ですね。

これは誰かが 「追跡調査」する時の水先案内になりますよ。

中国共産党「日本解放第二期工作要綱」は、
この洗脳戦略の延長線上にあるのでしょうかね?

  • 2012/10/21(日) 22:46:33 |
  • URL |
  • たつや #-
  • [ 編集 ]

日本解放第二期工作要綱

たつや様
コメント有難う御座います。
シオンの議定書や田中上奏文のことがあるので、慎重に扱いたいと思っていました。しかし、少なくとも絶対無視してはいけない重要なものだとも考えていました。
別冊正論Extra18の「驚愕の封印資料入手!総理も手にした「反共報告書」が教える売国政治家たち」を読むとピッタリ符合してきますね。現実と合わせると三符合します。現実が明快になり、自分たちが、おかしなことでも当たり前と知らず知らずに思い込んでいたことにも気づかされました。思想改造された人たちに思想改造された人たちが、あらゆるフィールドに犇めいている。日本解放云々は、着々ですね、着々進行中。別冊正論には「売国政治家たち」が登場しますが、売国〇〇は、あちこちのフィールドにたくさんいるのでしょうね。
Edouard Bernaysには着眼できたのですが、Willy Münzenbergの名は今回の記事で初めて知りました。日本解放第二期工作要綱は中国人以外の専門家が考え抜いたものだとは思っていました。
たつやさんが、私信でくださった、捕虜に対する戦陣訓の縛りの話ね、そして棄民された無力な残留者の心理を考えると
彼らにとっては、思想改造教育を受け入れることは、唯一の生の持続の可能性だったのでしょうね。それが棄国に繋がるとしても。運命の残酷を感じます。理念や観念では戦争を戦えないということですね。撫順の戦犯収容所の写真は、非常に雄弁で見るのが辛いです。
それにしても、日本人はいつまでも惚けていてはダメです。
日本解放第二期工作要綱を正面から検証してひっくり返るくらいに全日本人が覚醒しないとダメですね。大急ぎで。ひとりでも多く。

  • 2012/10/30(火) 19:01:09 |
  • URL |
  • Bruxelles #qXcWIg3k
  • [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://goodlucktimes.blog50.fc2.com/tb.php/411-85ec9c55
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad