TEL QUEL JAPON

リビドーの音階が砂漠に死んだヤギの乳をしぼっていく

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

堀 義人氏のtwitterから拾った最近二つの記事

堀 義人氏のtwitterから拾った最近二つの記事
報道1:従軍慰安婦問題、提訴者の韓国人女性「詐欺」で逮捕されていた!
報道2:広東の企業幹部が「尖閣諸島は日本領土」、中国版ツイッターで発言、人民日報記事など証拠挙げ、賛同広がる
・・・・・・・・・・
8月11日 堀義人 twitter より
...前にも書いたが、厳しさの反意語は優しさではなく、「ぬるさ」だ。優しさの反意語は、冷たさだ。子供達には、厳しく且つ優しく接したい...
いいことを言うお父さんだ!
私? 私は人にも自分にも「ぬるい」けれど同時に人にも自分にも「熱い」←「ぬるくて熱いなんて、矛盾してるじゃないか!」
・・・・・・・・・・・・・・・・・・

///////追記:2012年8月31日///////
上の報道2(5日ほど前の情報)のvideoを喜んで捜してみていた。そのvideoのひとつの中に、ティモシー・キーティング米太平洋軍司令官が以下のようなことを発言する字幕があった。司令官就任後初めて中国を訪れた際、中国海軍の少将楊毅(Yang Yi)が、「中国が空母を持ったあかつきには、ハワイから西の海域を中国、ハワイ以東をアメリカが管轄する形で、情報を共有しよう」と「提案」してきたので、建造費のみならず維持費も大変だし中国は空母を持つ必要などないと反論したという。ヒエー、早く言えば武力による米中の太平洋分割支配の提案ではないのか?この会話は2007年5月に中国でなされ、内容は2008年3月11日上院軍事委員会の公聴会におけるKeating氏の証言で明らかになった。以下の講演の33分から38分くらいの質疑応答から内容の大凡を察する事が出来る。(4年も前の古い話題なのだが、videoを探してみた。wmvファイルで見つけた。)
講演:A Combatant Commander's Perspective on the Asia-Pacific
年月日: July 16, 2008
場所: The Heritage Foundation's Allison Auditorium
講演者: Admiral Timothy J. Keating(Commander, U.S. Pacific Command)

こんなことで驚いてはいけない。もっと驚くペイジを見つけた。
中国に関しては中国脅威論と中国ヘタレ論とが入れ替わりに現れて、こちらの感覚も麻痺してきている。ここら辺でひとつ中国脅威論にリンクしておく。ご覧ください。ヒエー冷え!
中国 十年以内に日本を核攻撃

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://goodlucktimes.blog50.fc2.com/tb.php/388-7b99d5fd
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。