TEL QUEL JAPON

リビドーの音階が砂漠に死んだヤギの乳をしぼっていく

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Black Dragon Societyの実力

black.jpg

予想を超える写真を見つけた。来日した黒龍会のエチオピア人メンバーたち。まだ確信は持てないが、以前にも書いた、人種差別撤廃条項に対して、日本に共鳴した黒人の存在と日本との友好関係に関する証拠写真と呼べるのではないだろうか? 黒龍会の役割は日本ではほぼ抹消されているが、そして外国でも歪曲されている場合がほとんどだが、写真や実写filmだけは、勝手な歴史の再構成を許さない。色は黒いが所作といい表情と言いその佇まいといい、完全に日本人の心を体現している。サムライを感じさせるエチオピア人たちに唖然としている!元サイト:Black Dragon Society

The reality, however, was that pro-Japan feelings among black workers as well as the black middle class had been building since the turn of the century, followingJapan’s celebrated victory over the Russian fleet. This mood was given greater impetus during the worst years of the Great Depression by the appearance in Detroit of a Japanese national known as Major Satokata Takahashi, who took command of an association known as The Development of Our Own.
Mr. Takahashi’s initial organizing activities in Detroit, Chicago and St. Louis, and the “ripple of efects” therefrom, led to the messianic expectation on the part of tens of thousands of African Americans throughout the midwest, the upper and lower Mississippi Delta, east–central Oklahoma and the New York-New Jersey region that Japan’s imperial army would free them from the ravages of American racism.

参照:Satokata Takahashi
参照:Pacific Movement of the Eastern World
ここでようやく上記の写真や上記の内容の概要がくっきりと判明する。日露戦争に勝ったこと、そして人種差別撤廃行動をBlack Dragon Societyが広範囲に実践したこと、それゆえにアジア人のみならずイスラム教徒も含めアフリカ・アメリカの黒人たちのハートを鷲掴みにしたこと、そして彼らに反逆の行動を促したこともわかる。現代日本人には想像も及ばない歴史の闇に揉み消されたBlack Dragon Societyの唖然とするほどの実力である。
こちらのRecent Workの4番目6番目をクリックすれば、さらに詳しい内容がわかる。

上の写真で日本人にも見える右端の青年がエチオピア皇帝の甥、アラヤ・アベベ公、彼は日本が気に入り日本人女性との結婚を希望、お相手は子爵令嬢黒田雅子さんと決まった。
参照:黒田雅子とアラヤの結婚話(1931):近年映画化の話もある。

・・・・・・・・
前にも出したが今再び
You Tube 人種差別撤廃に全力を注いだ戦前の日本:
パリ講和会議 & 人種的差別撤廃提案
/////////////////

荒唐無稽の娯楽映画であるが、戦時中に黒龍会に関する映画がつくられていた。
恐れ慄いていたのだろうか。ホラー映画に分類されている。
Black Dragons (1942)

・・・・・2012年7月19日追記・・・・・
頭山満と玄洋社 6/9 のなかで、玄洋社とエチオピアの関係に触れている。アフガニスタンにもパイプがあった。他でも調べてみたが、モロッコとも政治思想的に交流していたようだ。時間があれば、具体的な資料を探してみたい。この伯壬旭と言う人は3/9では大川周明にも触れている。(注:東條の頭をパンパンパンと叩いた、と言っているが、filmで見る限りでは、ポンと手を乗せた、ようにしか見えない。「お前がしっかりせんからこんなことになったのだ」とポンとたたいた、と言う人もいる。「こんな裁判に本気でつきあう気かい?ばかばかしいねぇ」というのが、このシーンの私の字幕だ。追記:7月21日=ここで民権運動と言うのは尊王の流れを汲む、という大川周明の説の紹介がある。複雑化されるが非常に興味深い。)
Tel Quel japon過去記事、玄洋社員・名簿も参照されたし。

・・・・・追記:2012年8月19日・・・・・
田原総一朗「日本は侵略されたアジアを開放するために戦った」
田原総一朗を見直しました。最初から17分辺りまでを是非に。思考が柔軟だからこそ、独特の視点での転向が可能になった。この辺に踏み込む人は保守でもめったにいない。頭の中において漬物石の占める割合は、残念ながら保守の方が圧倒的に大きいということか?

コメント

スケールが違う

こんにちは。

ステキな写真ですね。 詳しいことは分かりませんが、戦前の日本人たちのスケールが、戦後の「国際人」を叫んでいる私たちなんかより数百倍大きかったことが分かります。

私事ですが、今日医者の待合室で眺めていた女性ファッション雑誌に、ニコンの慰安婦写真展のことが書かれていました。(フランスでの話です)

日本軍が性奴隷として連行した朝鮮人慰安婦たちの写真展を会場側のニコンが拒否したのだが、朝鮮人写真家が告訴しようとすると、ニコン側は裁判で負けることを恐れて謝罪した、というものです。 

この日本人夫妻と袴姿のエチオピア人たちの誇らしげな姿を見て、悔しくて悔しくて申し訳なくて涙が出てきました。

  • 2012/07/20(金) 00:47:04 |
  • URL |
  • まるこ #-
  • [ 編集 ]

コメント有難うございます

袴姿の誇らしげなエチオピア人たちは、何より日本国を誇りに思っている、それが写真から汲み取れますね。エチオピアと言えばアベベを思い出します。私はまだ小さかったのですが、祖母がやけにエチオピアについて詳しく知っていて、アベベにも親近感をもってあれこれ言っていたのを思い出します。黒田雅子御令嬢との結婚話などは、当時は盛んに報道されていたことかもしれませんね。今日こんな記事に出会いました。
http://blog.goo.ne.jp/basyauma21/e/ee9fde335bcee9e5043a19e301c99bb5
優勝後のインタビューはまるで昔の日本人です。玄洋社の精神性はあちらで生き残っていた。そんな感じしませんか?
・・・・・・・・・・・・
ニコンの話はこれですね。
http://blog.livedoor.jp/j1bkk/archives/1951695.html
http://www.japantimes.co.jp/text/nn20120627b2.html
日本人も黙って見過ごしてはいません。
http://www.youtube.com/watch?v=WW7c-mOjris
写真の技術が無くても話題性でスターカメラマンになれると踏んだのかも。日本で2回、3回とやるつもりのようで、さらにこの調子で海外にも進出するつもりのようです。斉藤隆裁判長の判決に、つまりはNIKONというより斉藤隆氏に責任は帰着しますね。結果が結果なのでこのまま放置してはいけない問題だと思います。
無関係ですが、たまたまこういうYou Tubeを見ました。
http://www.youtube.com/watch?v=jPWBU-__gIU
日本人の自虐史観は日本人特有のもので「世界の若者の常識とバランス感覚」に、とても救われました。ご覧ください。日本人が学ぶべきは今やこの「世界の常識」的態度であり、一日も早く自虐史観の拘束を打ち砕くべきです。「裁判で負けることを恐れて謝罪した」という事実は無いようで、少し救われます。日本人が払拭しなければならないのは告訴や争いや議論を「恐れること」、ここに帰結する、と思います。
コメント有難う御座いました。

  • 2012/07/20(金) 13:04:12 |
  • URL |
  • Bruxelles #qXcWIg3k
  • [ 編集 ]

刷り込み

私が見た記事は、女性ファッション雑誌の中の「世界のニュース」ページにあった「日本」記事、小さな小さな記事でした。

そこには「裁判で負けるのが怖くて謝罪した」とありました。「性奴隷」という言葉も使われていました。 ニコンは謝罪していないという事実を誰が知るでしょう?

この問題に関心のある人は自分で調べて真実に出会えるかもしれません。でも大部分の人は別に関心はなく、でもこういう記事を読み流して、その頭の中に漠然とあるイメージが形成されていくのでしょう。

ご紹介の日本の若者をほめてくれた外国の若者の動画。もしこれが戦争の話だったらどういう展開になっていたでしょう?

とりとめもないことを書いてしまいました。いつも大変レベルの高い記事内容ですのに、どうも他愛のない雑談みたいなコメントですみません。

  • 2012/07/21(土) 00:34:52 |
  • URL |
  • まるこ #-
  • [ 編集 ]

Re: 刷り込み:7月23日追記:「謙遜」と「謝罪」について。重要!

まるこ様のコメントのおかげで、一つの誤報(刷り込みにもなる)が発見できました。その記事、その雑誌、そして記者名などもしわかれば、教えていただけませんか?抗議のメイルを出そうと思います。悪意云々ではなく、ジャーナリストとしての取材確認に過失があると思うので、何を取材ソースにしたか、問い詰めてみようと思います。いきなりの抗議だけでは、背景があがってこない。もし刷り込み意図があれば、そこを突き止める必要があると思います。情報ソースはいつもながら日本側からのリーク、かもしれません。こういう場合の(場違いな)「謝罪」などと言う語は、いまや日本人の専用語と化していますから。

> ご紹介の日本の若者をほめてくれた外国の若者の動画。もしこれが戦争の話だったらどういう展開になっていたでしょう?
http://www.youtube.com/watch?v=jPWBU-__gIU
↑これのことですか?これは特別に日本を褒めている内容ではないと思っています。「一般の世界の若者の普通の視点」として、自虐史観にがんじがらめになっている「日本人一般の視点」と、対比できるかも、と思って紹介しました。こういう場を体験すれば、その日本の若者は一気に日教組史観から解放され自虐史観を払拭できるでしょう、少なくとも大きな思考の平原に出ることができると思いました。
それからもう一つ、敢えて指摘しませんでしたが、じつは普通の日本人ならぎょっとするような「世界の若者の常識」がこれには含まれていました。もう一度クリックお願いします。自分の国の誇り、という場面で、戦争に勝ったこと、世界を支配したこと、など過去の栄光を皆それぞれに挙げていました。そこから推理するに、もし思考の平原を獲得した後の日本人ならば、この場合「私の国には誇るものは何もありません」などと言わずに真っ先に「日本は五族協和、王道楽土の国家を満州に打ち立てた」「飲まず食わずで餓死も厭わず、太平洋の島々から白人を追い出した」「人種差別撤廃案を提唱し、実際アジアの国々から植民地支配者どもをたたき出した」「アジア・アフリカ諸国の独立の捨て石となった」(追記:この辺は西尾幹二氏「天皇と原爆」の「アジアに対する犯罪だとかとばかり言って、アジアに対する大きな貢献を何故言わないんですか」にも対応する)などなど、いくらでも祖国自慢ができるのです。屁理屈をこねない率直な世界の若者たちの本音の会話とはそういうものです。
私はドイツで「イタリアを外して、もう一回日本と同盟を組んで戦争しよう!」と言ってオクトーバー・フェスティバルで大いに盛り上がったことがあります。同じ敗戦国の苦悩は以心伝心、戦争は正義の側が勝つのではない。とても楽しい時間を過ごしたのですが、一緒にアウトバーンをヒッチハイクしてきた子が、イスラエル人だということをコロッと忘れていました。「あなたは、先の戦争でユダヤ人がドイツでどんな目にあったか、まさか知らぬわけではあるまい。よくもよくも私の目の前で、あんなことを言ったな、どういうつもりか」と言われホテルに帰ってから一晩中謝る羽目になりました。「ごめん、ごめん、あなたがユダヤ人だってこと、コロッと忘れてたの、ごめんね。あのね日本には日ユ同祖論というのがあって...戦争中日本にはユダヤ人がたくさん暮らしていて...」

追記:2012年7月23日
you tubeの件に関して、外国の若者が日本を褒めてくれたわけではないと上に書きました。では何かと言うと、彼らは「自国に誇るものが何もない」と言った日本人を「お前は正気か」と咎めているのです。それは当然で、「謙遜」のつもりかもしれませんが、このような場面で自国を誇れない人間は、日本人であろうとなかろうと、人間としては軽蔑の対象にしかなりません。このひとは、少なくともこう言うべきだったと思います。「日本は当然誇れることは沢山あると思いますが、私は無知蒙昧で教養も思考力もないので、何も思いつけません。祖国に対して申し訳なくとても恥ずかしいです」と。謙遜とは「へりくだること」であり、主体はあくまでも自分自身に限定すべきで、祖国の頭を自分勝手に押さえつけで貶めることではないと、まず「謙遜」の正しい意味を知るべきだと思います。
これは「謝罪」に関しても同じで、主体はあくまでも自分に限定すべきで、謝罪に至る過ちは自分一人にあるという範囲限定の自覚を持つべきです。そして賠償金を支払い自らの手を縛り他国の刑務所に気がすむまで転がり込めばいいわけです。謝罪の主体を日本にして、祖国に縄をかけて相手の国の前に叩頭させて、あたかもひとりの人間として「社会的善」をなしたかのように振る舞うことは、勘違いをとっくに通り越した重罪であり、仮にその自覚も持ちえないとすれば、無知蒙昧と言うよりその人の頭は蛆が湧いて沸騰している、と表現すべきでしょう。
たとえば上のエピソードで私は繰り返し謝っていますがそれは「ころっと忘れていた」自分のうかつさに限定しています。「ホロコーストを行ったドイツと同盟国となり、日本もドイツも間違った戦争をした」などと言うことは(勿論思ってもいませんが)たとえ催眠術をかけられて誘導されてもチップを埋め込まれても命に代えても私は言いません。(勿論ユダヤ人にしてもそのような謝罪は完全に想定外で、聞けば吃驚するでしょう)
西尾幹二氏が「天皇と原爆」において「自国の悪を言い立てるのは基本的に戦後日本の平和主義の大きな間違いで...自分の動機の善をひけらかす言動は、生命力の衰退の現れです」と書いておられることに、この辺は水脈的に同じ深さに同じ場所に繋がる内容だと考えます。
http://goodlucktimes.blog50.fc2.com/blog-entry-349.html

  • 2012/07/21(土) 09:06:37 |
  • URL |
  • Bruxelles #qXcWIg3k
  • [ 編集 ]

ニコン

こんにちは。

件の雑誌、人の記憶とは当てにならないものですね、女性ファッション雑誌ではなくて、ファッション雑誌に混じって置かれていたフィガロでした。 で、「pardonner」ではなくて「patronner」でした。(今日医者へ行って探してきました)

pdfがコメント欄では送れないのでその部分を書いておきます。

Le Figaro Magazine 29 Juin 2012
P26
Arrêts sur Infos MONDE
⑥ JAPON
L'EXPOSITION DE LA HONTE
Une exposition de photos d'anciennes comfort girls, des Coréennes esclaves sexuelles de l'armée japonaise pendant la Seconde Guerre mondiale, occupe la justice. Organisée à Tokyo par Nikon, elle était dévolue aux portraits du photographe coréen Ahn Se-hong. Mais, submergé de protestations, l'industriel a annulé l'événement. L'artiste a saisi les tribunaux, qui lui ont donné raison. Nikon a fait appel, mais le fabricant d'appareils photo craint de perdre son procès, et donc de patronner une exposition "antipatriotique".

par jean-marc conin

おばあさんの苦悩した顔の写真つきです。
よくよく改めて読み返せば、中立的に書いてあるのでしょうか(私にはタイトルのつけ方からしてとてもそうは見えませんが…)?

分析よろしくお願いいたします。

  • 2012/07/25(水) 04:30:34 |
  • URL |
  • まるこ #-
  • [ 編集 ]

Re: ニコン (前半)

まるこ様へ
書き写し、打ち込み有難うございました。「pardonner」ではなくて「patronner」であったということで、結論はet donc de patronner une exposition "antipatriotique".ですね。ニコンは結果として場所を提供した、ではなくて反日展覧会に場所を提供する(羽目になった)という報道で、このantipatriotiqueは「お気の毒に」という同情が隠されていると思いますよ。それから「恥辱の写真展示会」という文章のタイトルですが、ピンとくるのは、日本の恥辱ではなくて明らかに韓国・朝鮮の恥辱でしょう。普通に考えて。しかもおばあさんの苦悩した顔を出して、今の世のフランス人男性が同情すると思いますか?お金を払っていたと知ったら吃驚して卒倒するでしょう、おばあさんも昔は若かったということを思わず忘れて。この展覧会が政治的効果を持つのは、チップをはめ込まれている日本人にだけだと思います。確かに日本人はこれを継続されたらまたしても民族的劣化に陥るでしょうけれど。だから西村修平氏が活動されているんですよね。
http://www.youtube.com/watch?v=BNUqUtd3TLY
フィガロの記事に問題があるとしたら、ニコンの抗告を斎藤隆裁判長が棄却したというところが抜けていることでしょうね。けれど、抗告が棄却された事実もきっちり報道されたら、ニコンと日本への同情は吹っ飛んでよりバカにされるだけだと思います。抗告棄却を心配して、と理由づけてくれたのは、むしろ武士の情け?ではないでしょうか。
不審に思うのは、まずニコンが何故最初に許可したのかと言うこと、2番目は斎藤隆裁判長の抗告棄却ですね。ニコンにだれか反日がいる、そして斎藤隆裁判長自身も反日である、その可能性は否めません。朝日新聞やFotgazet通信と言う組織とがっちり手を組んでいるのでしょう。
http://www.youtube.com/watch?v=ABh5nXfqf-o
まったくいつものことですが、敵は国内にあり、というより反日勢力がマスコミや表現者を中心に国内乗っ取りをほぼ現実化しているということかもしれません。

  • 2012/07/25(水) 18:15:35 |
  • URL |
  • Bruxelles #vh1DDgwQ
  • [ 編集 ]

追記:7月27日:より明解に

以前のコメントに入れたyou tubeの中で児島謙剛氏がおっしゃっているように、兵隊には慰安婦が必要でしかも古代からそれは職業のひとつであったのです。暴力的犯罪を減らすために兵士と行動を共にする必要悪的、しかし高給の職業なのです。女性は納得し難いかもしれませんが、男性なら何国人であれ、これが日本に対する理不尽な嫌がらせであることは、例外なく全員暗黙に了解している筈です。善悪の次元の問題ではないし、善悪の次元で言うと国家による売春管理はむしろ戦場に於いては善なのです。天晴れですよ、しかも 日本人も多くいたのだから、奴隷ではありません。
・・・・・・・
戦争に付随するもので決して認めたくはないけれどそれを肯定しなければならないことは、人を殺すこと以外にも、731も含めてまだ他にもあります。(気づかないふりをするつもりはありません)すべてを含めてその上で、きわめて巧妙に仕組まれている自虐史観(国家否定)の足枷を必ず粉砕する覚悟と論理と信念を持って、BruxellesはTel Quel Japonと共に日々自らの生命を喰んでいます。(と言いつつ平均10日に1回はあまりに虚しくてもうやめようと投げ出したくなるんですけどね)

Tel Quel Japonの過去記事に引用した「天皇と原爆」に於いて、西尾幹二氏は「たとえ悪であろうとなかろうと、過去から逃れるすべはないのであり、過去をことごとく肯定する強靭な精神を持つことが、今の日本人に求められている最大の心の試練だと申し上げざるを得ないんです...これを乗り切るには、自分たちの歴史を知るということ、自分たちの歴史を肯定し、決して悪びれないということ、これが肝心だと、私は思っております」と書いておられます。私は「過去をことごとく肯定する強靭な精神」を、できるだけ胸を張って理路整然と持ちたいと思っています。タブーをつくらず逃げもせず、しかも顔を上げ理路整然と大日本帝国の歴史を(時には総反撃を覚悟した決死の批判も加え、時には自らの推論にも何度か修正を加えた上で)最終的には全肯定するために日々努力したいと願っています。
まるこ様もまたどうかお力を御貸し下さいね。どうぞよろしくお願いいたします。Je t'embrasse cordialement. Ton amie, Bruxelles.

  • 2012/07/25(水) 18:58:10 |
  • URL |
  • Bruxelles #qXcWIg3k
  • [ 編集 ]

コメント入力不能について

昨日自分のコメントが入力できなくて、大変時間を浪費した。今日fc2からの回答で判明したのだが、自分のコメントが迷惑コメント欄に12も入っていることに初めて気付いた。おまかせ禁止ワードフィルタ機能とかで、こともあろうに自分のコメントが何度書き換えてもはじかれて続けていたらしい。
失敗をしてひとつ学習したので、良しとしよう。

  • 2012/07/26(木) 16:38:17 |
  • URL |
  • Bruxelles #qXcWIg3k
  • [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://goodlucktimes.blog50.fc2.com/tb.php/372-ec7a3a90
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。