TEL QUEL JAPON

リビドーの音階が砂漠に死んだヤギの乳をしぼっていく

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「東京都が尖閣諸島を買います」(臨時掲載)

石原慎太郎都知事の4月16日のワシントン ヘリテージ財団講演 がYou Tubeに出ていた。
出だしが環境問題で、あれあれと思ったが、最後は例の「東京都が尖閣諸島を買います」が飛び出した。ここでの発言だったのだ。80分を超える長い講演であるが、充分聞くに値する、言うに値する内容であった。ミクロ的にはいろんな意見があるだろうが、Actionを起こさないことには、ムザムザと、という結果になりかねない。
You Tube: 東京都が尖閣諸島を買います:
こちらは講演の書き起こしBLOG :
私だけのことかもしれないが、人の話を聞くとその人の舌の厚さや薄さ、歯並び、口の内部の形、何より舌の動き具合が見えてしまって気になることがある。石原氏の舌は氏の意思に反して充分に動いていない。名前が2,3聞き取れなかったし、こういう流れの話は日本語ではわかったような気になれるが、同時通訳(日本語を英語にする人)は訳す前に、内容を正しく聞き取り、論理を直線化できるだろうか、と余計な心配をしてしまった。(前もって原稿があればいいが、無い場合は内容の打ち合わせが必要だ)
同じものを2度見る時間はないHeritageのサイトにあたってみた。ひっぱり出した動画 & 探し出した4月16日のペイジ :
通訳が日本語を全部キャッチ出来たかどうか確認したいのだが。
しかし本当は通訳云々より石原氏が心配なのだ。

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://goodlucktimes.blog50.fc2.com/tb.php/346-fe72032c
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。