TEL QUEL JAPON

リビドーの音階が砂漠に死んだヤギの乳をしぼっていく

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Das Dritte Reich-4 未完

Hitler's Henchmen 1 Episodes:
1. The Propagandist/Firebrand - Joseph Goebbels - German with English Subtitles
2. The Marshall - Hermann Goering - German with English Subtitles
3. The Deputy - Rudolf Hess - German with English Subtitles
4. The Executioner - Heinrich Himmler - German with English Subtitles
5. The Admiral - Karl Doenitz - German with English Subtitles
6. The Architect - Albert Speer - (23 July 2012)
Hitler's Henchmen II Episodes:
1. Bureaucrat of Murder - Adolf Eichmann - German with English Subtitles
2. The Secretary - Martin Bormann - German with English Subtitles
3. The Corruptor of Youth - Baldur von Schirach - German with English Subtitles
4. Diplomat of Evil - Joachim von Ribbentrop - German with English Subtitles
5. Doctor of Death - Josef Mengele - German and English with Swedish Subtitles
6. Arbitrator over Death and Life - Roland Freisler - German with English Subtitles

◎ Eva Braun dans l'intimité d'Hitler

追記:2012年4月14日
これら以外にも最近Hitler関連の記事や講演を読んだり聞いたり、Filmを見たりし続けている。それで気づいたのだが「戦争を引き起こしたり、世界を支配しようとしているのはユダヤの金融資本家たちだ」という最近陰謀論でよく聞くようになったこのセリフ、実はHitler自身が同じことをその昔に言っていたので驚いた。そうするとHitlerはAnti-Illuminatiであったということか?すでに陰謀論を深く把握していたのだろうか?
陰謀論は一概に言えないくらいに、語る人によって幅が違う。中には職業的陰謀論の語り部のような人もいる。また中には陰謀を暴き、世界の人々に周知させなければと、命をかけているような人もいる。大真面目に笑ってしまうようなことを言っている人もいる。最近気づいたのだが、陰謀論を語る人の中には誰一人「真珠湾のだまし討ち」を主張する人は無く、全員が当然のように「ルーズベルトの陰謀説」を取っていることだ。人口比率で言うと世界中で「真珠湾のだまし討ち説」を信じている人は日本人が圧倒的に一番多いのではないかと言う気がする。広角的にロングスパンで世界史をふりかえる場合、このAnti-Illuminati史観は、経済や金融からの視点を補足するという意味においても、だれでも一度は広く深く押さえておくべき事柄だと思う。但し世界史に興味のない人は、その限りではない。

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://goodlucktimes.blog50.fc2.com/tb.php/343-d4656b24
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。