TEL QUEL JAPON

リビドーの音階が砂漠に死んだヤギの乳をしぼっていく

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Edward Bernays (5) 戦争広告代理店

前回のEdward Bernays(4)でPropaganda>PRの意味を説明したつもりだったのだけれど、うまく伝わらなかったようだ。Edward Bernaysを持ち出したのは、彼がPropaganda及びPRの元祖だからで、その概念は第一次世界大戦あたりから、つまり人間がその視野に地球儀を入れ、為政者が世界的発想をし始めたあたりから始まっている。その視点で歴史を見ようと思ってカテゴリーをつくってみた。ロビー活動や献金で政治が動くという既にある視点ではなく、Public Relationsというビジネスによって、歴史がつくられるという視点を示したかった。
PR会社を広告代理店と呼んでいるが、アメリカのそれは、たとえばEdward Bernaysがかつてグアテマラの政府を転覆させたように、ある意味平然と戦争を起こさせることもできるし、戦争に勝利してしか得られない結果を戦争をせずに獲得させることもできる。軍隊よりも強力な働きをする場合もある。
今日はTel Quel Japonの本来の趣旨とは異なるが、わかりやすいように具体的な例をもう一つ取り上げてみる。

ドキュメント戦争広告代理店:日本語ですでに本が出ている。
NHK ユーゴ情報戦の内幕:NHKも番組にしている
底が突き抜けた時代の歩き方その2
PR戦争としての「慰安婦問題」その2:E.Bernays (4)に繋がる
Ethnic Cleansing: The Media and World Opinion
Media deception and the Yugoslav civil war
James Harff: Washington-based PR firm Ruder Finn

Harff: Our work is not to verify information. We are not equipped for that. Our work is to accelerate the circulation of information favorable to us, to aim at judiciously chosen targets. We did not confirm the existence of death camps in Bosnia, we just made it known that "Newsday" affirmed it.
Marlino: Are you aware that you took on a grave responsibility?
Harff: We are professionals. We had a job to do and we did it. We are not paid to be moral.


今回ユーゴの情報戦や「戦争広告代理店」という本の内容を紹介したかったわけではない。引用部分の太字を見ていただきたい。Edward Bernaysが名前を作り出しただけで、Public Relationsというのは戦時のPropagandaそのものなのである。ユーゴの民族紛争や湾岸戦争などのように、取り立てて近年のものではない。大衆操作心理学という学問を利用したPropagandaはそう名付けられる以前からEdward Bernaysによって生み出され、平和時には企業としての利益の追求のために、さらに手段が無規制に拡大され透明化されたかたちでPRと名前を変えているだけである。南京や慰安婦で日本国がたたくべき相手は、マイク・ホンダやロビイストたちだけではない。実質的な相手は捕獲すべき相手は倫理を忘れてその手先となって思考し行動する広告代理店という企業とそのPRマンなのだ。ということを今回ご理解いただければ、この記事の目的は達成されたことになる。

参照:Tel Quel Japon過去記事
参照:Blog L'oiseau Invisible:
(追記2012年3月22日:Top 150 Donors/Individual Financial Contributors:クリックすると左の文字の部分に、Martin, Jack ; Austin, TX; Hill and Knowlton, Inc.の文字が見える。Hill & KnowltonのJack MartinとHillary Clintonの関係がわかる。)

・・・・・追記2012年3月19日・・・・・
この記事の目的はなかなか、達成されない。発想の転換をどこかで強いているからなのか?書き込めば書き込むほど読者と遊離していくかもしれない、そんな感触ばかりだ。昨日IZAにコメントを書き込んだのだが、面妖にも敵対的に身構えられてしまった。保守の発想はナーナーと陳腐に固定化されてしまっている。当分はキャッチャーのいない、ピッチャーを続けるしかないのだろうか。

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://goodlucktimes.blog50.fc2.com/tb.php/336-5e3531dd
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。