TEL QUEL JAPON

リビドーの音階が砂漠に死んだヤギの乳をしぼっていく

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

説明責任 重要 コメントに関して

この記事のコメント欄に関して、説明させていただきたいと思います。
「素晴らしい」と言って入ってこられた「たつや」氏を、まるでアラシを追い出すようなやり方で、テルケル城の大手門脇でさらし者にした、ように受け止められる方がひょっとしたらいらっしゃるかもしれません。たつや氏も不快でしょうし、私の本意でもありません。「わかりませんか?」と言っても、わからないものは、わからない。つまりは私の説明不足、手抜き、ブチ切れ過ぎ、をまずは心よりお詫びいたします。

たつや氏から、あなたと同じような意見を言っているアメリカ在住の方がいる、と知恵袋のこのアドレスを教えていただきました。クリックしてご覧ください。私の意見とほとんど同じですが、一か所異なっています。「核兵器禁止運動の掛け声は冷水を浴びて事実消え去りました」私はこんなことは一言も言っていません。大方の方がこういう発想をされているのだと思いますが、根本的に間違っています。「核兵器禁止の掛け声」を何故、邪悪な空爆や2発の原爆非難にリンクさせなければいけないのですか?日本人は日本政府は左右を問わず、季節を問わず、年月を問わず、徹底的に空爆や原爆に対して、怒りの声を発しなければいけないのです。どうしても「核兵器禁止」にリンクさせたいのなら、日本人の怒りの声にアメリカが耐えかねてアメリカ人に「二度と過ちを犯しませぬ」と言わせて「核兵器廃絶運動」でもやらせるくらいでないと筋がとおりません。アメリカ人をその気にさせるためには、日本人は左右を問わずことあるごとに、直接被害を受けられたかたがたの分もわが身に引き受けて、怒りの声を発する義務があるのです。原爆非難の声がなかなか右側から聞こえてこないのは、この二つの主語や行為を取り違えているからです。あの石碑に知らずに暗示にかかっているのです。日本人が惨たらしいめにあったのは、日本が間違った侵略戦争をしたからだ、ごめんなさい、二度と過ちは犯しませぬ。これが左側の暗示だとしたら、右側は、(過去実際にあった被害事実にもかかわらず)原爆投下への抗議を続けたら、立場として念願の核武装が今後できない。抑止力としての核、の立場をとりながら頭の中では、現実にもなっていないのに投下加害者と自己認識するから、頭が混乱して過去の事実としての原爆投下への激しい抗議ができないのです。もっとわかりやすく申しましょう。広島の石碑に「必ず仇をとります」と当たり前のことが刻んであったらどうでしょう。原爆抗議も激しくできますし、(抑止力の意味が深く広く理解された上で政治上の駆け引きとしての)核武装もできるのです。単なる仮定的説明ですが、少なくとも右側がつまらない暗示にかかることはないでしょう。日本人にとっては、むざむざとやられ、そのまま邪悪をへらへらと黙認・容認していることこそ、取り返しのつかない国家的致命的過ちなのです
・・・・・
ついでながら福島の原発事故に関して、脱原発の立場に立った識者に対して、保守側からやはり非難が集中しました。今までは核武装派ではなかったのかと。それぞれ考え検証した上でのご意見に違いない。意見が多勢と異なるからと言って個人攻撃に終始する非難はいただけない。根っこにあるのは、上記と同じ、核武装と、原発の混同です。反論は当然かまいませんが、耳を傾けて内容を理解した上での論理的討論であってほしい。原発が稼働しているからと言って、それが即、核武装に有利につながるわけでもない。それに脱原発の右側の方のご意見には傾聴に値する内容が詰まっています(注・下記)。また原発事故によるあからさまな被害が今ないからと言って、先のことは未知です。しかし原発事故を利用しての反核・即刻降伏・植民地化歓迎運動(反核即平和だと思っているとこうなる)はどさくさに紛れた子供の勘違いにすぎません。いずれにせよ反核と反原発とは別の話ですし、広島・長崎への原爆投下に対して激しく抗議することは、それらとはまた完全に次元が違うということを、これでご理解いただけたら幸せです。
たつや氏はご自分でも素晴らしいBlogをお書きで、真正保守の代表のようなお方です。たつや様のみならず「タチャンの散歩」の愛読者の皆様並びに考えを同じくされている非常に多くの方々に対して、この文章をもって私の説明責任に代えさせていただきます。結果としてそのようになってしまいましたが、たつや様個人にむけて書いているつもりはありません。口に両手を当てて、左右の区別なく、より多くの方々に聞こえるように、強風の中、岩山の天辺で「咆哮」している心境です。(つづく)

・・・・・以上は2012年2月22日・・・・・
・・・・・追記:2012年2月24日・・・・・
参照:Why Hiroshima Was Destroyed The Detailed History Of An Infamous Era By Eustace C. Mullins
同じものが二つあるので、二つともリンクしてみます。
No.1 & No.2:
・・・A Tribute :Eustace C. Mullins・・・
参照:マリンズ「広島はなぜ破壊されたのか」
akazukinのブログ:日本語
12の記事を逆に読んでいくことになりますが。右下の次へをクリック。

・・・・・追記:(注)2012年3月3日・・・・・
原発事故の健康被害、基準値云々に関しては、真に実力のある科学者の真実の声に委ねたいと思っています。ただ原発に関しては福島事故の以前から原発の川上から川下に至るまでの仕組みにどうも連合国によって組み込まれた日本搾取のペテンの匂いを感じています。感覚でしかないので議論には至りませんが。ちょうど地球温暖化のペテンで、CO2排出をいつの間にか債権化した国連金融詐欺との類似性を見てしまうのです。今回の事故対応・管理能力をみても、日本が原発を商売化できる国ではないことは明白です。それと費用効果という観点もふまえて徹底的に議論すれば「鴨的立場」が明らかになるのではないでしょうか。これは主張というより「呟き」と受け止めてもらって結構です。
(2012年3月4日ー少し追記しますと、まだまだ検証中で小さな呟きでしかありえませんが、数十年後(早ければ十数年後)、日本だけがババを掴み身動きが取れなくなっている可能性が想定されます。)

テーマ:憂国 - ジャンル:政治・経済

コメント

強風により転落

岩山の咆哮は誰の耳にも届くことなく、むなしく声を嗄らしている間に強風に煽られて転落。
「直接被害を受けられたかたがたの分もわが身に引き受けて、怒りの声を発する義務があるのです。」などと言われる筋合いはない「家族を守り、競争社会で働く人間にとっては日常生活はすでに戦いである、60数年も前の広島・長崎に激怒するより、日々が怒りに満ちている。国を思うなら核武装を何より優先させるべきだ。気に食わん、目障りだ」という矢が雨あられと降ってきて、身をかわしているうちに、バランスを崩して「転落」、入院治療中です。
また「むざむざとやられ、そのまま邪悪をへらへらと黙認・容認していることこそ、取り返しのつかない国家的致命的過ちなのです」とは思わない、という多くの矢。「あのままずるずると一億玉砕するところを、原爆のおかげで終戦・平和の選択への道筋ができた。広島・長崎の犠牲はなにより国体保持と戦後日本の構築、平和を尊ぶ民主主義国家日本として生まれ変わることに貢献した。それを黙認・容認などと今更難癖をつけて蒸し返すな。いかんいかん、ここに触れるな」・・・
骨折には日にち薬が、そしてその後の長いリハビリが必要です。

  • 2012/03/06(火) 10:45:51 |
  • URL |
  • Bruxelles #qXcWIg3k
  • [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://goodlucktimes.blog50.fc2.com/tb.php/333-2369772a
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。