TEL QUEL JAPON

リビドーの音階が砂漠に死んだヤギの乳をしぼっていく

Woodrow Wilson (1)

Woodrow Wilson: Biography
14箇条の平和原則:Woodrow Wilson これだけが有名
Woodrow Wilson: Wikipedia
Wilson's War Message to Congress:

・・・・・追記:2012年3月2日・・・・・
Woodrow Wilson

The Committee on Public Information was set up to influence public opinion in America. Established by Woodrow Wilson through Executive order 2594, April 13, 1917. The committee consisted of newspaper editor George Creel (Chairman) and Secretaries of: State (Robert Lansing), War (Newton D. Baker), and the Navy (Josephus Daniels) as ex officio members. Also involved were Edward Bernays, Carl Byoir, and Ivy Lee. The Committee on Public Information coordinated all government propaganda efforts and put in place a censorship code that was backed up by the Espionage Act of 1917.



・・・・・2013年9月18日・・・・・
本来は2011年の記事ですが、必要有り、上にあげます。
Tel Quel Japon 関連過去記事
Edward Bernays (1)
Committee on Public Information
Edward M. House
Edward Bernays (4):
FRB & CFR & (日銀・日本国)
Paris Peace Conference - 1919 前編

・・・・・2013年9月19日・・・・・
時間がないが重要なので手持ちの参考資料を並べておく。
Edward Mandell House had this to say to Woodrow Wilson regarding Social Security
Social Security but for whose Societyということか?
Edward Bernays and the Art of Public Relations
大衆心理操作、PR,プロパガンダ、mind control,全ては実は、フロイトの精神分析から発して、フロイトの甥のEdward Bernayが実用化させたものである、ここをまず知ること。Edward Bernayはパリ講和会議にWoodrow Wilsonのブレインとして参加している。同じく大衆心理操作専門家のIvy Leeもパリ講和会議に出席している。Ivy Leeに関してはこちらを参照。
参照:Ivy LeeとJohn D. Rockefeller の関係
Ivy Lee, John D. Rockefeller, and the Ludlow Massacre
Ivy LeeはJohn D. Rockefellerのイメージを180度作り変えた。
psywar - Howard Zin about Ludlow Massacre

・・・・・2013年9月18日の記事を都合により上にあげます・・・・・
・・・・・2013年9月23日:追記・・・・・
昨日昔父がデザインした本箱を覗いてみると昨年買った「嘘だらけの日米近現代史」倉山満著が目に入ってきた。帯を見ると「ご存知ですか?リンカーンは極悪人、ウィルソンは狂人、ルーズベルトはスパイ、クリントンは破壊者etc.」とある。なかなか面白そうな帯だ。中を見るとP.61、ウィルソンの任期は1913年から2期8年ですが、最初の7年間は人格異常者として、最後の一年間は精神障害者として大統領の仕事をしました、とある。filmでは脳梗塞の後遺症と言っていたが、顔つきは最後激変している。精神障害者と言ってもいいような表情になっていて、大統領の仕事をしたのは実質的に妻であって、Wilsonはほとんど廃人で、それを隠し通したとfilmでも言っていた。人格異常者の最初の7年間は、口では理想を語りやることは想像を絶する。「自分をキリストと勘違いしていて」というのは言い過ぎだが、神を身近に引き寄せていたことは確かだ。何事も神に導かれていると確信していたようだ。他のペイジにも既に書いたが、焚書もしているし、侵略もしているし、なにより戦争も引き起こし、第一次世界大戦にも参戦している。この辺を私は現実離れした人格で、取り巻きに操られている、と判断しているのだが。女性には情熱的で、男性的な魅力もあるが、なにしろ作られたロボット大統領である、というのが私の見解である。以前ルシタニア号事件を調べた時に、政治素人のWilsonをほとんど無視して、政治家や金融家・銀行や大会社・大企業や思想家や心理学者やたくさん名前が出てきたの覚えている。これが第一次世界大戦へのアメリカ参戦を誘導する事件となるのだが、本当にたくさんの利害関係が絡んでいて、Wilsonの存在感をほとんど感じなかった。大日本帝国と日本郵船もそうだが、大型船舶・大型客船というのは今では考えられないくらいに国策と密着していて、金融界・財界と政界の癒着の象徴のようなものではなかったかと思う。飛行機はまだ小さくて乗客や、貿易品や軍事物資の輸送手段にはなりえなかった。この時代背景を考えなければ、客船沈没の真の重大さはわからないと思う。

コメント

追記 2016年4月17日

現在西尾幹二先生の日録本欄にこの記事をあげていただいています。クリックするリンクがたくさんあって、せめてどれかひとつでもクリックしていただけたらと願っています。
内容が大きいので、このペイジ、理解されるためには、これだけでは足らないという思いもあります。そこでさらに追加リンクをここに貼りたいと思います。
○Who's Who - George Creel
http://www.firstworldwar.com/bio/creel.htm
○広報委員会
https://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%BA%83%E5%A0%B1%E5%A7%94%E5%93%A1%E4%BC%9A
○How We Advertised America
https://archive.org/stream/howweadvertameri00creerich
○Birth of the Hun: The Propagandists
http://www.revisionist.net/hysteria/hysteria-intro.html
これだけ説明が詳しければ、中韓経由で今日本がやられているのは、これだとわかるはず。つまりは大衆扇動の毒薬のように良く効く応用心理学。
○SECRETS OF THE FEDERAL RESERVE
http://www.apfn.org/apfn/reserve.htm
ひとつならこれ
○The Creature From Jekyll Island
https://www.youtube.com/watch?v=wy95j_dNeNc
うまく追記が入るかどうか。

  • 2016/04/17(日) 10:27:34 |
  • URL |
  • Bruxelles #qXcWIg3k
  • [ 編集 ]

リンク切れのfilmに関して

Woodrow Wilsonの「filmを見た」といっているので、他のペイジで探してみたが、リンクが切れていた。再度探してみて、多分、これのことではないかと思うのですが。
Woodrow Wilson 1
https://www.youtube.com/watch?v=67H1Uw0SFao
Woodrow Wilson 2
https://www.youtube.com/watch?v=OJ9-OmZDV_g
この2本を再度全部見て検証する時間は無いので、やはり、「多分」ではあるけれど。
本文とは、直接の関係はありませんが、非常に興味深い内容のfilmだと思います。

  • 2016/04/19(火) 10:59:57 |
  • URL |
  • Bruxelles #qXcWIg3k
  • [ 編集 ]

黒ユリ様 コメントありがとうございます

日録とこちらとコメントへの返信がダブってはいけないと思い、先に書いたこちらを消してしまいました。お返事が遅れては失礼かと思い、再度こちらにも、入力することにいたしました。二重返信で失礼いたします。
・・・・・・・・・・・・
黒ユリ様
コメント大変ありがとうございました。
Woodrow Wilson (1)というタイトルなのに、リンクを貼りすぎて、内容が拡散し過ぎてしまいました。それでWilsonに関するfilmを2本、追記しました。WilsonのそばにいたEDWARD BERNAYSに関しては、一般によく知られている仕事上の業績はこのようなものです。
HOW TO CONTROL WHAT PEOPLE DO | PROPAGANDA BY EDWARD BERNAYS | ANIMATED BOOK REVIEW
https://www.youtube.com/watch?v=8Q-3qwEDyPM
一国の政府を転覆させています。

『ブラザーサン・シスタームーン』、私も見ました。主題歌も覚えています。
大衆操作心理学が生育するのは、報道の規模の拡大、つまりマスメディアの誕生に平行しているように思います。
それ以前は政治権力か宗教権威を仰いで、大衆は信仰心や現実利益の僕となって、ある程度自我を放棄して、つまりはマインド・コントロールされて生きていたのではないかと思います。もちろん今も宗教の力や政治の力には逆らえないのも事実ですけどね。なぜならどちらも、マスメディアをバックボーンにしているので、世論などを軽く押さえ込みますが、大衆操作心理学つまりプロパガンダ&PRに比べると、あまりに強引な場合は少々目立ちすぎるのですよね。

最後に話がそれますが、面白い記事をご覧に入れます。
http://blog.goo.ne.jp/laiglenoirjp/e/c5d611d021c99d8a5408d0f8f8f6cf95
結果として、芸術市場の中心地をパリのモンマルトルからニューヨークに奪い取ってしまいました。ひとつの余興的追加話ですけどね。

  • 2016/04/24(日) 13:08:21 |
  • URL |
  • Bruxelles #qXcWIg3k
  • [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://goodlucktimes.blog50.fc2.com/tb.php/313-5ab6fd91
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad