TEL QUEL JAPON

リビドーの音階が砂漠に死んだヤギの乳をしぼっていく

国連を脱退せよ

いつもさしたる意見を言わないTel Quel Japonとしては思い切った提案である。
今読んでいる「日本人が知らない二つのアメリカの世界戦略」の著者、深田匠氏の提案でもある。第5章 日本の近未来戦略(2)、国連信仰という愚かなる虚妄ー日米同時脱退で国連を解体せよーに理由は詳しく書かれてある。
P.408 「法の支配に基づく国際秩序を作る手段として人類が手にした」だのと真っ赤な嘘もいいところであり、国連とは戦勝国の軍事同盟の「拡大版」でしかない。(参照:敵国条項
この本のお薦めがなくてもTel Quel Japonではすでに過去記事で国連の正体はあばいてきたつもりである。
Tel Quel Japon過去記事:The United Nations
Tel Quel Japon過去記事:Alger Hiss (1)
Tel Quel Japon過去記事:Alger Hiss (2) UN Charter
Tel Quel Japon過去記事:Alger Hiss (3) The United Nations
John Birch SociatyのRobert Welchもアメリカの立場からこんなに昔から同じようなことを言っている。調べてみるとかなり多くのアメリカ人が国連に嫌気をさしてきている。検索すると資料はたくさん出てくる、従って深田匠氏の言われるように日米同時脱退して国連を解体することは不可能ではない。

P.414 日本が膨大なお金を注ぎ込んでいる国連とその関連機関は完全な「反日」機関と化しつつあるのが現状なのである。と深田氏は書かれておられる。その一例として
ic.jpg
青山通りに面した国連大学(上の写真)を挙げておられる。国連大学は世界に向けて「日本の戦争犯罪」なるものをアピールする拠点となっているのだ、と紹介されている。これは同大学開設から13年間も副学長を務めた武者小路公秀が、北朝鮮の主体思想を信奉し金親子を崇拝する人物でもあったことにも由来する、と記されている。近年中国の意を受けた左翼政治勢力が国連の名前を反日史観プロパガンダに利用しようと活動の拠点を国連大学に置いている。(P.415)
これは聞きかじった程度の話だが、皇太子妃雅子さまはここに頻繁に通われて、内部には特別の個室まであるという。天皇皇后両陛下が心配のあまりこっそり国連大学に足を運ばれた、というまあ週刊誌程度の話ではあるが、耳にしたこともある。もし本当だとしたら、右翼が必要以上に雅子妃バッシングをするのは、その辺が原因かもしれない。非常に歯切れが悪いが、真相はわからない。「クマラスワミ報告」に至る「従軍慰安婦強制連行」なるものもこの国連大学から国連人権委員会に持ち込まれたものである。(P.415)

・・・追記:2011年11月13日・・・

参照:武者小路公秀氏に聞く:wikipediaを読んだ上で参照されたし
(リンクペイジに関して:物事を判断する場合、反米親米を基準としてはいけない。反米も親米も裏の当て布が同じだったりする。同じ反米でも、また同じ親米でも真逆の思想的目的を持っている場合もある。このことを忘れないでおきたい。)

今回紹介した深田匠氏の「日本人が知らない二つのアメリカの世界戦略」には、その根底に民主党vs共和党の発想がある。上に紹介したように深田氏の提案や分析には非常に共感するが、(いくら国益をベイスに考えても)全てを民主党vs共和党で割り切るにはかなりの無理がある。たしかに深田氏のこの視点には説得力があるのだが、Bush礼讃が極端すぎてこの点に関してはアメリカの国益も日本の国益も何者かによって消しゴムで消されてしまっているように思う。この本を直接に読まれた読者からのコメントを待ちたい。

・・・・・追記:2011年12月1日・・・・・
参照:今日のNEWS:拠出金を凍結,前提としてこれはいいアイデア、これならすぐにできる。少なくとも敵国条項を取り外すまで拠出金を凍結!

・・・・・追記:2012年1月10日・・・・・
What’s the use of the UN ? (Cross Talk)

・・・・・以上入力日は2011年11月2日・・・・・
・・・・・追記:2012年2月23日・・・・・
John Birch Society : The United Nations Deception
Video 46分58秒「国連の欺瞞」国連の欺瞞にアメリカ人が激怒!
The Ultimate Delusion The United Nations
国連の幻惑とその究極の目的:全部読めないほどの資料がずらり
Six Shockers about The United nations !
「国連についてのショッキングな6つの事項」:

・・・・・追記:2012年2月24日・・・・・
近くの記事にリンクしたakazukinのブログ「広島は何故破壊されたのか」の(2)、特に「A UNITED NATIONS PROJECT」をみて、こちらにも書き加えたくなった。パレスホテル・ガーデンルームの登場人物と会話内容にご注目いただきたい。「ガーデンルームの密会は、実は国連による最初の軍事戦略会議だった。それは、生きている住民の真上で世界初の原子爆弾兵器を爆発させる任務に専念したからだ」
参照:Tel Quel Japon過去記事
Tel Quelでも前に指摘したが、「4月25日国連憲章採択、6月26日国連憲章調印、8月日本に原爆投下、10月24日批准、国際連合の成立」これを見ただけで、何のために国連創設に集まったかがわかる。第一回軍事会議は「原爆を落とす共同謀議」に他ならない。Tel Quel過去記事の記述をもう一度お読みいただきたい。
「悲惨な戦争を体験した国際社会が反省をこめて構築した戦後の平和のため国際機構ではないことがよくわかるだろう。国際連合とはまだ戦時中だった日本にとっては、複数の敵対国の悪意に満ちた勝利の先取り、勝利支配の永遠化機構に過ぎない。」

以上は2012年2月24日
今日4月8日これを上に揚げます。

コメント

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

  • 2011/11/02(水) 23:08:47 |
  • |
  • #
  • [ 編集 ]

ユニセフが二つ?

非公開コメントをいただいた。話題が広がり焦点がぼけてはいけないという配慮からだと思う。コメントの中に
(アグネス・チャンはユニセフに属さなくても、国連のうさん臭さを見て取り商売にしたな、なるほど納得。)という一行があった。それで思い出した。国連の胡散臭さに輪をかけた胡散臭い組織の話だ。記事内容とは無関係だが、お知らせしておいたほうがいいだろうと判断してアドレスを二つほど入れました。
http://blogs.yahoo.co.jp/x1konno/31639580.html
http://www.asyura2.com/11/senkyo111/msg/365.html
昔英会話学校で講師をしていたときに生徒から聞いた話だ。アグネスチャンはただの歌手ではない。国家的な背景を持って日本に送り込まれたのだと。売り出し方をみてもわかる筈だと、その人はしきりに説明してくれたのだが、幼い声で歌っていたので、まさかと思っていた。

・・・・・追記:2012年6月9日・・・・・
青木直人:アグネスチャン ひなげしの秘密 ↓
http://www.youtube.com/watch?v=BpMB2wMhzNU&feature=relmfu

  • 2011/11/03(木) 15:50:53 |
  • URL |
  • Bruxelles #qXcWIg3k
  • [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://goodlucktimes.blog50.fc2.com/tb.php/298-bb6dff93
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad