TEL QUEL JAPON

リビドーの音階が砂漠に死んだヤギの乳をしぼっていく

日米諒解案 (3) 未完

少し視点を変えて日米開戦前をみてみよう。
ゾルゲ事件:ゾルゲ事件の捜査開始は「1940年6月27日」であったと記されている。逮捕開始は1941年9月。
Spy Sorge (スパイゾルゲ) 1/10 & 2/10 & 3/10 & 4/10 & 5/10 & 6/10 & 7/10 & 8/10 & 9/10 & 10/10
西園寺公一、牛場友彦、田中慎次郎,石井花子等がFilmのなかで顔出しインタヴューに応じていたのには驚いた。
ゾルゲも尾崎も目的を達成したのだ。尾崎は国家の中枢に取り入って北進論を退け南進を決定することによって、日米戦争を勃発させることに成功し、ゾルゲはその情報を提供することによって対独戦の敗北からソ連を救い出したのだ。日本国内では北進論者の松岡が排除され、南進が決定、対米戦争に取り込まれていく。
参照:Kinkazu Saionji & 西園寺公一
参照:Eugen Ott (ambassador) & ゾルゲ諜報団
参照:Statement Handed by the Ambassador in Japan (Grew) to Mr. Tomohiko Ushiba, Private Secretary of the Japanese Prime Minister (Prince Konoye) [64], 6 July 1941:Grewから牛場友彦に手渡されたもので、まさか対ソ戦に突入するのではあるまいな、そうでないという確証を近衛自身から合衆国大統領に伝えて安心させられよ、と言う内容。Grewは松岡でなく牛場に渡している。理由はよくわかる。外務大臣松岡はすでに嫌われ者で蚊帳の外に置かれているからだ。スターリンが知りたがっていたこと、ゾルゲが知りたがっていたことを、何故ルーズベルトが、日米交渉の真っ最中にこれほど異様に気にかけるのか?ルーズベルトの向こうにもゾルゲのようなソ連のスパイがいたからだ。

いま少し視点を変えて日米開戦前をみてみよう。
Harry Dexter White 1:Tel Quelの過去記事にさんざん書いたことがここでは総合的にまとめられている。

White used his position in the Treasury Department to develop a hostile U.S. policy toward Japan. The reason was to distract Japan from their plans to attack the Soviet Union and draw the U.S. into the war as an ally with the Soviet Union.

真の敵であるロシアを攻めさせず、いつの間にか日本を対アメリカ攻撃に走らせる、つまりゾルゲや尾崎達とWhite達米国に巣くったスパイとは、同一目的で動いていたのだ。日本が見据えていた敵は常にロシアであった、にもかかわらず日英米中独国に巣食ったロシアのスパイ達が仕組んだ日米交渉という餌についふらふらと食いついたがために、はっと気がつくと罠にはまって、思いもよらなかった米国(真珠湾)に爆撃機を飛ばせていた。比喩的にいうと、穴を掘ったのはゾルゲ、最終的に穴に突き落としたのはWhiteだと言えよう。
(追記:2011年10月20日)
そもそもの餌である非公式の,出所を転倒させた,道に投げ出されたのも同然の日米諒解案は、箱に入れられ包装されあたかも両国で正式に諒解されたかのように装って帰国した松岡に提出された。「本提案は米国の悪意七分善意三分」と初見で胡散臭い餌であることを見抜いた松岡はさすが大日本帝国の外交官である。すかさず矛盾点を指摘していく。
・・・・・・・

参照:Harry Dexter White 2 & Harry Dexter White 3 & The Silvermaster spy ring:
参照:Harry Dexter white : Tel Quel Japon過去記事 : Harry Dexter White :
アジアの解放、安定した大東亜建設のために八紘一宇の理念の下、まず満州国を独立させた日本が結果として戦った戦争は大東亜戦争であった筈だ。その大日本帝国が何故広い太平洋でアメリカと戦争を始めてしまったのか。日本人はその問いを忘れてしまっている。その意思も当初は全くなかったのに、何ゆえに真珠湾に向かって攻撃の口火を切ったのか、日米交渉というペテンの餌に釣られて、追い詰められパニックに陥った鼠として何故大猫に噛み付いたのか?日本人はその問いを忘れてしまっている。
やれ松岡が諒解案を握りつぶしたから、やれハルノートをたたきつけられたから。松岡の構想は早々と無視され失脚させられているし、何度も言うがハルノートは、国家がヒステリーを起こすような性質のものではない。Strictly confidential, tentative and without commitmentと明記されている。一説にはこの一行がが何者かによって消されていたという説もある。たたきつけられて怒り心頭に達したと信じておられる方は、おそらく消されたものにしか接しておられないに違いない。日米交渉という餌は最初から最後まで悪意ある虚偽の罠だらけなのだ。

日本人やアメリカ人にそれを気づかせてくれたのはずっとあと、吉川光貞やCharles A. Willoughbyの働きがなければ、あるいはその働きを検証しない限りは、催眠術のような日米交渉の実態は理解できないだろう。
参照:Tel Quel Japon 過去記事:吉川光貞
参照:Tel Quel Japon 過去記事:Charles A. Willoughby:
そして考えてみれば、転向した元スパイだったElizabeth BentleyやWhittaker Chambersの告発がなければ、全体像は全く解明できず、ああでもない、こうでもないと、今よりももっと馬鹿げた推測が蔓延り、歴史の解釈は深い深い出口のないトンネルに進み続けて行っただろう。ただ日米開戦に関するあらゆる文章の中で、Elizabeth BentleyやWhittaker Chambersを検証した上でのものが、日本にはあまりにも少ないのは残念に思う。
参照:Tel Quel Japon 過去記事:Elizabeth Bentley
参照:Tel Quel Japon 過去記事:Whittaker Chambers
・・・・・・・

今日Whittaker Chambersという人物にスポットを当てた番組をまた見つけた。一時間が二本、二時間が一本、全部で4時間。私は時間の都合で今日は一時間を一本しか見ていないが、今までよりもWhittaker Chambersを広角的に見られるようになった。
参照:Whittaker Chambers: A Biography カスタマーレビュー

///////////追記:2011年10月25日/////////////
1941年7月に創設されたOSSの前身COIによって既に、戦後日本の占領プランがねられていたことが分かっている。日米交渉などと他国の善意や信義に縋り付いて交渉しているつもりの開戦回避努力など、今から見ればだが、聞いて呆れる、たしかに日本は「よしよしとあやされている赤ん坊である」。いつまでも、いつまでも「ハルノートを叩きつけられた」ので堪忍袋の緒が切れた、などという次元で思考している場合ではない。
ハルノートで挑発された訳ではなく、そのまえからずっと挑発され続けていた。(軍艦の配備から見て、そしてアメリカの日本に対する利敵行為から見て、パールハーバー以前にすでに戦闘状態であったので、宣戦布告の必要はない、というたしかパール判事の発言があったと記憶している)ルーズベルトと近衞の会談で、100%の譲歩をしても(ハルノートをのんだとしても)、戦争回避の可能性はゼロ。アメリカは先の先を読んで、戦後世界支配まで考えている。(アメリカとひと括りにしてもいいかどうかはわからないけれども)。ハルノートは単に戦争準備完了のお知らせ、さあ、いらっしゃいという暗号であったと見たほうが良い。
参照:THE SHOWDOWN WITH JAPAN August-December 1941
参照: U.S. ARMY OVERSEAS DEPLOYMENT, 17 OCTOBER 1941

コメント

日米諒解案 続編

こちらに続編が続いています。

http://blogs.yahoo.co.jp/takaonaitousa/42745936.html

  • 2016/05/04(水) 19:07:51 |
  • URL |
  • たつや #-
  • [ 編集 ]

Re: 日米諒解案 続編

これが最新追記、というところです。
http://blog.goo.ne.jp/namedfuture/e/20eb9744ed87271f9c50338ce65ea983

誰にも注目されてはいない、重要個所。
「上にあげたどの参照にも、その他の読後感にも
完全に無視されているが、この本には以下のような記述がある。
何頁とは言わない。読んだところで、
素通りされてしまうように思われる。
興味のある方は目を皿のようにして読書されると良い。
ー1941年11月26日にハル国務長官と○○○○が作成した条件はすでに日本政府にとって受け入れ不可能でありました。その内容は記憶にありませんが、最後通牒的なものでありましたー
この筆者は当然のことながら、H.D.Whiteの正体を知らないわけではない。しかし彼は後ろで糸を引いたのであって、最終仕上げをハル長官と共に共同作業したわけではない。共同作業した人物名は○○○○の部分に書いてあるのだが、誰も注目しない。このような記述は複数回さりげなく登場している。一回のみではない。だから筆者にとっては、当然の知識なのだろう。ー

  • 2016/05/05(木) 10:34:04 |
  • URL |
  • Bruxelles #-
  • [ 編集 ]

H.D.Whiteのボス

Vitalii Pavlov (ヴィターリー・パヴロフ)は1941年4月初旬、アメリカに到着した。
>要するにスターリンの命令で、

アメリカが日本と戦争をするように、

財務省で高い地位にいたホワイトに(そのときはまでスパイとまで呼ばれるほどの人物ではなかったが)、本当のスパイにさせるための工作であったのだ。

臆病者のホワイトがソビエト防諜の組織から逃れないように仕向けられたのが、
パヴロフとの出会いということになる。
http://blogs.yahoo.co.jp/takaonaitousa/42756332.html

  • 2016/05/05(木) 19:57:40 |
  • URL |
  • たつや #-
  • [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://goodlucktimes.blog50.fc2.com/tb.php/296-12ddf7ca
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad