TEL QUEL JAPON

リビドーの音階が砂漠に死んだヤギの乳をしぼっていく

Henry L. Stimson

画家の国吉康雄を調べていたら、戦時中OWIでの対日工作に自ら協力を申し出ている手紙資料をみつけた。生活環境や時代を考えれば、国吉の気持ちがわからないでもないが、あて先はよりにもよってHenry L. Stimson であった。
Office of War Information Poster Project, 1942
Henry L. Stimson を取り上げることにした。Henry L. Stimson を取り上げることは、原爆の必然性云々や日本の終戦処理に関しての考察を外すわけにはいけない。
Henry L. Stimson とは。
Professor Schmitz wrote about Henry L. Stimson, former secretary of war under Presidents Taft, F. Roosevelt and Truman and secretary of state under President Hoover.
上の文章ははアメリカの対外政策を論じる長い番組の一部である。(日本にも人物を通した対外関係を論じる番組があってもいいと思うので、参考までにリンクしてみた)

Sec. of War Henry Stimson's diary and papers (12/31/44~9/21/45). すごいものを見つけて喜んでいる。
合計10ペイジにわたる。クリック10回。その元ペイジ
これの日本語訳をしたペイジをネット上に見つけたが、よく見ると「トルーマンは何故原爆投下を決断したか?」という文章の中で引用されている部分のみの訳出であった。

上にリンクした元ペイジ内に原爆議論及び日本の敗戦処理に関して興味あるペイジをみつけたのでリンクしておく。
さほど新しくはないがアメリカの視点でしかも敗戦前の日本国内の検証までもよくまとまっている。
HIROSHIMA:WAS IT NECESSARY? Part 1 of 2 By Doug Long
HIROSHIMA:Random Ramblings By Doug Long

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://goodlucktimes.blog50.fc2.com/tb.php/291-29b0972b
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad