TEL QUEL JAPON

リビドーの音階が砂漠に死んだヤギの乳をしぼっていく

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Marie Curie et Irène Joliot-Curie

Correspondances de Marie Curie et Irène Joliot-Curie
という放送を見つけた。Marie Curieと、娘の往復書簡集である。
手紙を二人の女性が音読する番組である。ゲストには娘の子供、Marie Curieの孫娘が登場している。三人それぞれを改めて調べてみたが天才女性が三代続いた珍しいケイスだと感嘆した。
原子物理学を切り開いた、新しい時代を導いた最高頭脳の三代である。
Correspondances entre Marie Curie et Irène Joliot-Curie
番組ペイジ ↑三角をクリックすると70分の放送が聞ける。
番組収録時(半年ほど前)の動画の一部はこちらで。
Marie Curieの娘もノーベル賞を受賞している。大学の教授でもある。違うのは娘のほうは政治家でもあった。
・・・・・・・・・・
Tel Quel Japonに紹介するような放送ではないが、母娘を調べているうちに、母娘の原子物理学は、原爆や原発とどう関わってきたのか、どう関わらないできたのか、気になってきた。研究を破棄したのか、何故他国のスパイに拉致監禁されなかったのか。

//////////////////////////////////
調べている過程で、今年2月21日の西尾幹二先生のBlog記事をふと思い出した。
とりあえず、内容を肯定するサイトを4つ、見つけた。平和国家になるために、隠したほうがいいと判断されたのだろう。それだけだ。国の生存をかけて戦うということに関して、その頭脳に於いても着眼に於いても、決して飛び抜けて遅れていたわけではない。平和を愛する諸国家にありったけの信義を委ねるために、学問的業績まで隠蔽してしまったままなのだ。
1.原水禁  2.荒勝文策  3.日本・原爆開発の真実
4.仁科芳雄
追記:5.NIELS BOHRと仁科芳雄 
6.Tel Quel Japon過去記事: 7.Tel Quel Japon過去記事

・・・・追記:2011年7月23日・・・・
ザ・スクープスペシァル06年8月6日放送
放送No.1 & 放送No.2 :

・・・・追記:2011年7月30日・・・・
探せばあるものだ。
破壊されたサイクロトロンこぼれ書き
日米の原爆製造計画の概要
サイクロトロンを米軍が接収海中投棄
彦坂先生の知られざる業績
以上の元サイト

・・・・・追記:2011年8月18日・・・・・
こういう優れた日本人もいた。話題にならないのはどうしてだろう。
物理の歴史(原子)
J. Robert Oppenheimer receiving the AEC Enrico Fermi Award

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://goodlucktimes.blog50.fc2.com/tb.php/280-3000c95b
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。