TEL QUEL JAPON

リビドーの音階が砂漠に死んだヤギの乳をしぼっていく

アメリカを操ったひとりの中国女

cairo.jpg

Madame Chiang Kai Shek in the US
First lady of China, Madame Chiang Kai Shek addresses the House of Representatives in Washington, discussing the American involvement during the war
America Hails Chinas Madame Chiang Kai-shek
これだけ政治力のある日本女性がいたならば、アメリカを味方に付けていたら、楽勝だったかもしれない。Madame Chiang Kai Shekの役割がさほど注目されないのも、近現代日本史の盲点だといえる。
○Hannah Pakula presents her work
The Last Empress: Madame Chiang Kai-shek.

対日戦に関してMadame Chiang Kai Shek のリクエストに充分以上に応えた米国、なのに、対中国共産党に対して、Madame Chiang Kai Shek に与しなかった米国、米国内での意志の統一がなされていなかった、または、状況により変化せざるを得なかった、と解していたが、頭を振って考え直してみると、コミンテルンの指示通りに米国が動いていたという証に過ぎないことがわかる筈だ。そしてマッカーシーの登場まで、そのことに誰も気づかなかった、あるいは気づいても気づいてはいけなかった、ほどに、米国中枢は感染頭脳の集合だったと言えるのではないか。
あからさまな疑問にさえ、疑問の声が上がらない、このあたりの米国史から不審人物を炙り出す再検証が、このあたりの日本史同様に必要だ。正しいとか間違いとか、正義とか、悪とかというより、むしろ洗脳、マインドコントロールに近いものを感じる。

参照リンク:UK & China

姉妹であるので美齢、慶齢の区別は顔だけではわかりにくい、また私の目が悪いからかもしれないが、Eleanor RooseveltとAgnes Smedleyも雰囲気が似ているように思う。まして内面でどのように区別するべきかとなると、線引きの線が引けるのかどうかも分からない。線引きの線は時代の風で流れているように見えるからだ。

追記:2011年8月6日
chinalady2.jpg
30,000 CROWD OUTDOOR MEETING IN HOLLYWOOD BOWL TO HONOR CHINA'S FIRST LADY. この凄さは大スターも顔負け。

追記:2011年11月14日 参照 詩集「2N世代」
Eleanor Roosevelt & Madame Chiang Kai-shek & Pearl Buck

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://goodlucktimes.blog50.fc2.com/tb.php/279-b8d5dae8
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad