TEL QUEL JAPON

リビドーの音階が砂漠に死んだヤギの乳をしぼっていく

六甲山中のゼロ戦

昨日の強風とはうって変わって今日は穏やかに日が昇った。
部屋の中に上空を飛ぶ小型機のエンジン音が聞こえてきた。
伊勢神宮に参拝するために飛び立ったのだろうか。
かれこれ30年近く前になる。大阪八尾の日本産業航空の訓練生だった頃、上級の人たちはお正月には編隊を組んで伊勢神宮参拝飛行に繰り出していた。そして8月15日には六甲山中のゼロ戦に花束投下をしていた。
その時たまたまクラブハウスにいて、いまから六甲山にむかうと言う現場に居合わせたので「ぜひ私に花束投下をさせて下さい」と申し出た。許可が下りて飛行機に乗り込んだ。誰が用意したのか大きな花束を渡された。
「本当に六甲山中にゼロ戦の残骸があるのですか?」
「行けば分かるよ」
普通の人にはわからない。毎年来ているからこそすんなり到達したのだろう「あそこだ」と言われたあたりを見下ろすと、たいした損傷もないゼロ戦が山中に墜落している。記憶はもう定かではないが赤い日の丸,緑の機体、間違いなくゼロ戦だ。対空速度、対地速度、高度、気流などの関係で、花束投下のタイミングはとても難しい。自分では判断も計算もできない。旋回をしてその最中に「今だ!」と言われた瞬間に花束を手放した。高度は少し下げただけだ。ゼロ戦が目に焼きついた。風雨に晒されたまま何故ゼロ戦が六甲山中に墜落しているのだろうか?七曜会の先輩のF氏に,後年話したら「六甲山中のゼロ戦の存在」は信じてもらえなかった。ひょっとしたら、これは誰にも知られていない、産業航空関係者だけの秘密だったのかもしれない。だとしたら、そのゼロ戦にまつわるどんなストーリーが隠されているのだろうか?

(数ある八尾の飛行クラブのなかで日本産業航空だけが、今はその名を消している。数年後に新聞をにぎわせた巨大金融詐欺会社が、八尾の伝統ある飛行クラブの喉元を、その濡れ手で泡の札束で締め上げ、消滅させたのだった。)

追記:2012年8月16日
ネット上にこの日のことを書いた古い日記があることを思い出した。
そのほかの日々(1)Paris 15 Aout :

テーマ:このままで、いいのか日本 - ジャンル:政治・経済

コメント

六甲に零戦残骸があったとは

インターネット航空雑誌ヒコーキ雲から阪神飛行場と八尾空港のページをリンクして頂きありがとうございました。
それにしても、六甲の山中に零戦があったとは非常に驚きました。その後の消息は分からないのでしょうか。とても知りたいです。

  • 2011/01/02(日) 17:51:30 |
  • URL |
  • 佐伯 #kHGd4Jq.
  • [ 編集 ]

もはや幻のゼロ戦

私はこの後、ここを離れて航空留学したので、場所も特定できません。産業航空もなくなったし、なにしろ30年も前のことなので、関係者ももはや存在しないのではないかと。
八尾飛行場の上空からの写真、懐かしかったです。がそれを見ても場周経路からの風景さえ、ほとんど思い出せない自分に吃驚しています。低翼のボナンザ・ビーチクラフトは知人が所有していて、訓練に関係なくよく乗せてもらっていたのでこれも懐かしかったです。

  • 2011/01/03(月) 13:30:52 |
  • URL |
  • Bruxelles #qXcWIg3k
  • [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://goodlucktimes.blog50.fc2.com/tb.php/241-05f81c08
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad