TEL QUEL JAPON

リビドーの音階が砂漠に死んだヤギの乳をしぼっていく

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

世界人に告ぐ

開戦当初の責任者として敗戦の後を見ると、実に断腸の思いがする。今回の刑死は、個人的には慰められておるが国内的の自らの責任は死を持って贖えるものではない。
しかし国際的の犯罪としては無罪を主張した。今も同感である。
ただ力の前に屈服した。
自分としては国民に対する責任を負って満足して刑場に行く。ただこれにつき同僚に責任を及ぼした事、また下級者にまでも刑が及んだ事は実に残念である。天皇陛下に対し、また国民に対しても申し訳ないことで、深く謝罪する。
元来日本の軍隊は、天皇の仁慈の御志により行動すべきものであったが、一部過ちを犯し、世界の誤解を受けたのは遺憾であった。
このたびの戦争に従軍して倒れた人及びこれらの人々の遺家族に対しては、実に相済まぬと思っておる。心から陳謝する。
今回の裁判の是非に関しては、もとより歴史の批判に待つ。もしこれが遠久平和のためということであったら、も少し大きな態度で事に臨まねばならないのではないか。この裁判は結局政治裁判に終わった。勝者の裁判たる性質を脱却せぬ。
天皇陛下の御地位および陛下の御存在は動かすべからざるものである。天皇存在の形式については敢えて言わぬ。存在そのものが絶対に必要なのである。それは私だけでなく多くのものは同感と思う。空気や地面のごとき大きな恩は忘れられるものである。
東亜の諸民族は、今回のことを忘れて、将来相協力すべきものである。東亜民族もまた他の民族と同様この天地に生きる権利を持つべきものであって、その有色たる事を寧ろ神の恵みとして誇りとしておる印度の判事には尊敬の念を禁じ得ない。これをもって東亜民族の誇りと感じた。
今回の戦争によって東亜民族の生存の権利が了解せられ始めたのであったら幸いである。列国も排他的の感情を忘れて、共栄の心持を以って進むべきである。
現在の日本の事実上の統治者である米国人に対して一言するが、どうか日本人の米人に対する心持ちを離れしめざるよう願いたい。また日本人が赤化しないように頼む。東亜民族の誠意を認識して、これと協力して行くようにされなければならぬ。
実は東亜の多民族の協力を得る事が出来なかった事が今回の敗戦の原因であったと考えている。今後日本は米国の保護の下に生活していくであろうが、極東の大勢はどうであろうか。終戦後僅かに3年にして亜細亜大陸赤化の形勢はかくのごとくである。今後のことを考えれば、実に憂慮に堪えぬ。もし日本が赤化の温床ともならば、危険この上もないではないか。
今、日本は米国よりの食料の供給その他の援助につき感謝している。しかし一般人が、もしも自己に直接なる生活の困難やインフレや食料の不足等が、米軍が日本にあるがためなりというような感想を持つようになったならば、それは危険である。実際はかかる宣伝をなしつつある者があるのである。よって米軍が日本人の心を失わぬよう希望する。
今次戦争の指導者たる英米側の指導者は大きな失敗を犯した。第一は日本という赤化の防壁を破壊し去ったことである。第二は満州を赤化の根拠地たらしめた。第三は朝鮮を二分して東亜の紛争の因たらしめた。米英の指導者はこれを救済する責任を負うている。従ってトルーマン大統領が再選せられたことはこの点に関し有り難いと思う。
日本は米国の指導に基づき武力を全面的に放棄した。これは賢明であったと思う。しかし世界全国家が全面的に武装を排除するならばよい。しからざれば、盗人が跋扈する形となる。泥棒がまだいるのに警察をやめるようなものである。(つづく)
すでにタイピングしてあるペイジを見つけたのでリンクさせていただくことにします。第三次世界大戦を第二次世界大戦とミスタイプしてあるところが一箇所ありますが、すぐに気づかれると思います。他にもありましたが、これが一番原文にそっていると思いました。みつばち亭様有難う御座いました。

・・・・・東条遺言「世界人に告ぐ」・・・・・
昭和23年12月22日午後10時過ぎ、死刑執行2時間前に面会した花山師に対して読まれた遺言書である。
出典は国書刊行会発行、菅原裕著「東京裁判の正体」P.285~P.289。
・・・・・追記:2010年12月16日・・・・・
著者の菅原裕氏は東京裁判で荒木貞夫元陸軍大臣の弁護を担当された方で、判決が下されたのは昭和23年11月、その後判決批判は一切禁じられていた。著者の原稿が完成したのが昭和28年秋、翌年1月清瀬一郎氏による序文が書かれた。吉川英治氏に相談すると時期尚早と勧告されさらに7年寝かせておいたとある。従ってこの本の初版発行は昭和36年10月15日、そして私が今手にしているのは平成14年8月15日の復刻版発行のものである。初版発行からおよそ半世紀が経過している筈であるが、新鮮度は高い。つまりおよそ65年間、東京裁判批判に進展は全くなかったということがわかる。
・・・・・追記:2010年12月22日・・・・・
 うつりゆく時の流れにこの裁き
  またさばかるることなからめや
 
ー 判決の言い渡しを聞いて 菅原裕 -

東京裁判は国際法を悪用し、野蛮裁判を強行し、文明を冒涜したのみならず、将来に対し大きな禍根を残したことになったのである。
ーp.49ー

/////////追記:2011年3月19日/////////
東條内閣打倒工作 元サイト

テーマ:日本を正常な国に戻したい - ジャンル:政治・経済

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://goodlucktimes.blog50.fc2.com/tb.php/239-1bf7bf03
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。