TEL QUEL JAPON

リビドーの音階が砂漠に死んだヤギの乳をしぼっていく

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

R. Bruce Craig : Treasonable Doubt : Harry Dexter White Spy Case

Harry Dexter Whiteを再度調べようとしてR. Bruce Craig を思い出した。これはR. Bruce Craig がHarry Dexter White を扱った書物の書評。
R. Bruce Craig : Treasonable Doubt
参照 : Treasonable Doubt : Treasonable Doubt :
参照 : R. Bruce Craig
参照 : Harry Dexter White : White & White & White
今回のこのペイジはHarry Dexter White より歴史家のR. Bruce Craigを重要人物として思い出してみた。
参照 : R. Bruce Craig 
Tel Quel Japon過去記事: Whittaker Chambers:Witness
何故R. Bruce Craigの名をよく覚えていたかというと、上の過去記事でもリンクしているが、Videoに登場するR. Bruce Craigが思いのほか若くて非常にハンサムだったこと、しかも一人でアルジャー・ヒスやデクスター・ホワイトを弁護していることに大変驚いた覚えがあるからだ。予想外の発言で前回は触れなかったが今回もう一度聴いてみた。(1)こちらをクリック(2)左にあるBruce Craig, historian Watch 1 hr. 55 minsの中のWatchをクリック(3)すると1時間55分もの興味ある番組が始まる。Bruce Craigは37,8分経過あたりから登場する。
前回は吃驚しただけで無視したが、今回改めて番組全体を聞いてみて、なかなか真っ当な事を言っていると思った。Harry Dexter White が日本であまりに有名なので、ハル・ノートの連想が働いて、既にある偏見に押されて、背景となる時代や人間性やそれなりにある良心に触れようとはしなかったからかもしれない。
妙な死に方をするのはソ連のスパイの特徴だ。それに関してはR. Bruce Craigがいくら頑張っても容疑は晴れない。

テーマ:歴史 - ジャンル:政治・経済

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://goodlucktimes.blog50.fc2.com/tb.php/232-31699d3d
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。