TEL QUEL JAPON

リビドーの音階が砂漠に死んだヤギの乳をしぼっていく

アンドレ・ジイド と 宮本百合子

「アンドレ・ジッド:文学者の洞察力」に関して二つのBlog記事にリンクさせていただきました。
ロシアが気になる & ○アボカドサンドとアイスキャンデー
・・・・・・・・
○ The Gulag Archipelago : 収容所列島
○ ソルジェニーツィンの個人史:Wikipedia

・・You Tube ・・You Tube・・You Tube・・
第2次大戦への道(1918-1938) - ソビエト(ソ連) 1 of 4
第2次大戦への道(1938-1939) - ソビエト(ソ連) 2 of 4
第2次大戦への道(1939-1940) - ソビエト(ソ連) 3 of 4
第2次大戦への道(1940-1941) - ソビエト(ソ連) 4 of 4
・・・・・・・・
宮本百合子 1899-02-13~1951-01-2
Wikipedia 日本語Wikipedia 英語
宮本百合子:作品を読む
前ペイジに紹介したモスクワで粛清された日本人(青木書店)P.285には以下の記述がある。
宮本百合子は、いまや「ソ連邦は我我の理想としたソ連邦ではない」としたアンドレ・ジードの「ソヴィエト旅行記」に反論して、37年2月に「ジイドとそのソヴィエト旅行記」、10月に「こわれた鏡ージイド知性の喜劇」を書き『プラウダ』の社説と「歴史の本質」なる虚構に依拠して、スターリン体制を擁護していた。
作家宮本百合子としての発言と見るより、宮本顕治の妻として、思考限度・思考境界が出来上がってしまっていたのだろう、と見るのが一番優しい眼差しなのではないだろうか。洞察力云々以前に問題がある。
・・・・・・・・
参照:湯浅芳子 Wikipedia 湯浅芳子 Blog「焔の詩人・小熊秀雄」
野上弥生子の紹介で中条百合子と知り合い、1924年から、当時の夫と離婚した百合子と共同生活を送る。1927年から1930年にかけて、百合子とともに当時のソ連に滞在する (Wikipediaより引用)
20年くらい前だろうか、ある書店で「百合子 ダスビダーニャ」というタイトルのハードカヴァーの本(文庫ではない)に目を通した記憶がある。ロシア文学者湯浅芳子と作家中條百合子が恋人同士として遠くロシアで暮らす愛の生活が文字を介して展開していたように記憶している。国内国外合わせて二人の恋愛関係は7年ほど続いた。それよりも、こんな昔に日本女性がふたりきりで、遠くロシアで暮らしたと言う事実に堂々と暮らしている様子に驚愕したのを憶えている。湯浅芳子著だと思ったのだが、どうやら勘違いだったようだ。封建的で女性に対して理不尽な制約が多い日本を脱出した開放感で一杯だったのだろう。苦しみも困難も何もかもがまだ新しさのある国家に於いて新鮮でたまらなかったのではないか。政治は肌では感じていなかった筈だ。勿論この生活の中で、後の宮本顕治との生活は、梃子でも動かぬプロレタリア作家としての人生は育まれていったのだろうけれども。
文学に興味のない方のために、宮本百合子のある一面を敢えて紹介してみました。プロレタリア文学・プロレタリア絵画に関しては、何かのきっかけがあれば、ペイジを新たにたてていつか書いてみたいと思っています。

・・・・・追記:2010年6月5日・・・・・
学陽書房、女性文庫「百合子、ダスヴィダーニヤ」を読了した。サブタイトルにあるようにあくまでも、湯浅芳子の青春がテーマであって、Tel Quel Japonが書き記すような記載はなかった。あえて書き留めるとすれば(1)1930年6月末、百合子がひとりで片山潜に会見してソヴィエト滞留を勧められたことを湯浅が知り衝撃を受けたこと(2)結局そのことが、1932年2月上旬、芳子留守中に、百合子家を出、宮本顕示と結婚、につながる、ということ(3)1930年12月中旬芳子、百合子と共にナップに加盟。この三点だと思う。筆者沢部ひとみの筆を全体的にたどってみた感想としては、典型的ブルジュア娘中條百合子を宮本に走らせたのは、芳子では満たされなかった性の部分と、世界大恐慌以降の日本社会の全体的傾向にすっぽりはまったから、と見るのが妥当だということだ。芳子に向けた、強烈で純粋に見える愛が、後に宮本性となった百合子によって、がむしゃらに自己否定されるのは、思想のサイボーグと化した百合子を仮に認めるとしても、読んでいて哀れで無残であった。ひょっとすれば、百合子は片山潜が洗脳し、日本国内の誰でもいい、党員のひとりにプレゼントしようとした、性を含む、強力お手伝いだったとも見えてくるからだ。
・・・・・追記:2010年6月6日・・・・・
記述しておいた方がいいと思われる個所を見つけたので付記しておく。
p.253 : 芳子と百合子が到着した1927年からは、革命の中心となったトロツキー、カーメネフ、バフーリン、ルナチャルスキー、ルイコフらが党を除名されたり国外に追放されたりしている。ー(略)-物資の乏しい生活はいかがおうにも不平等を生む。ー(略)-少数のものが手にできるものは何でもつかんでしまい、残りのものは飢え、ぼろをまとい、貧民窟に群がる。当時のモスクワには、浮浪児のスリやそれをあやつる大人のスリ団がたくさんいたという。
そしてそのような少年のスリに芳子と百合子は騙されて、時計やハンドバッグを奪われる。それに対する二人の見解の違いを以下に引用する。
p.256 : 階級的な問題とみる百合子に対し、芳子はその原因を「われらふたりの小児病的なカー・ペー(共産党)への信頼にあった」とする。百合子の中に芽生えだした社会主義的なものの見方に対し、芳子はあくまで理想に幻惑される人間のおろかさを見つめる視点を外さない。このあたりからふたりの方向は、思想的にもズレを見せ始めるのである

・・・・・追記:2010年6月20日・・・・・
百合子と芳子、あるいはジイドなど、このペイジを書いて、Fascism vs Communismの誤思考、というカテゴリーで、Jean Paul SartreとAlbert Camus、Paul ÉluardとAndré Bretonの対比などのペイジを書きたくなった。ただ資料がありすぎて膨大な時間がかかる。それに資料を読んでまとめるだけでは意味がない。どういう視点でどう切り込むか。特に、根底に全く新しい着眼がなければ、書く意味がない。それで入稿なしの日々が過ぎてしまった。これにかかりきると、準備だけでも何年もかかってしまいそうだ。
とりあえず消さなかった(まだ読んでいない)資料をランダムに置いていく事にする。
資料:Philosophy Jean Paul Sartre
資料:Albert Camus : The stranger:
資料:France Info:  
資料:Radio Canada:
資料:Radio PRAHA :
着眼のための資料:Click My Heart:
・・・・・・・
資料:Sartreとはなんだったのか:詩集「2N世代」By Bruxelles

テーマ:歴史 - ジャンル:政治・経済

コメント

こんばんは

貴ブログをリンクいたしました。
おいおい拝見してまいります。

宮本百合子と湯浅芳子 のロシア滞在の話は、私は
『女三人のシベリア鉄道』という本で知りました。

  • 2010/05/19(水) 00:13:27 |
  • URL |
  • hiro #-
  • [ 編集 ]

こんにちは。リンクありがとうございます。
文学者は物語を書くときに、自分自身の思考すらも客観的にとらえなければならないことを考えると、
「文学者ならではの洞察力」はなるほどと思いました。

  • 2010/05/20(木) 08:45:36 |
  • URL |
  • みもっち #-
  • [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://goodlucktimes.blog50.fc2.com/tb.php/222-c724f5e9
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad