TEL QUEL JAPON

リビドーの音階が砂漠に死んだヤギの乳をしぼっていく

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ミズリー号上の調印 : ラジオ番組

Missouri 2 september 1945
USS Missouri : Anchored in Tokyo Bay, Japan, 2 September 1945, the day that Japanese surrender ceremonies were held on her deck.参照 You Tube 映像
参照:Tel Quel Japon過去記事:敗戦に到る関連資料
ミズリー号上の調印:ラジオ番組 46分30秒 Listenをクリック
放送内容:およそ25分間ミズリー号上の調印 実況放送 
    :25分経過後 Truman大統領の言葉
    :34分過ぎ  MacArthurの演説
    :42分過ぎ  Nimitsの言葉
    :46分30秒後 アメリカ合衆国国歌で番組は終了となる

2010年1月10日 追記 
上の音声を聞きながら御覧下さい。
Radio address by PRESIDENT TRUMAN

2010年1月23日:追記
オレンジ色部分上 : シナじゃあるまいに、the Japanese war lords とは何のことか。慌ててそれらしき人物をピックアップする必要があった。しかも侵略の共同謀議?Fiction創出の必要がでてきた。東京裁判はそのための劇場だ。「こんな茶番に良く付き合っておれるね」と友の頭に右手をポンとのせたくもなるだろう。しかし歴史はそのように記述され、それを踏まえて新しい日本国はスタートしてしまった。しかも仮に(敢えて仮にとしておこう)このFictionが終戦時の日米両国の合意(共同謀議)に基づく仕組まれた筋書きだとしたら...。
そしてこの国は今もそのFictionの上をひたすら走りつづけている。
オレンジ色部分下 : 原爆投下の自画自賛、国力の誇示ともとれる発言だ。勝った嬉しさに有頂天になって思わずしてしまった失言か?常道を逸した狂気のみが可能にする発言だ。何年後でも構わないから、お詫びして撤回するのが大統領の、または国家の良識というものだ。

テーマ:戦争 - ジャンル:政治・経済

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://goodlucktimes.blog50.fc2.com/tb.php/205-f29eaf08
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。