TEL QUEL JAPON

リビドーの音階が砂漠に死んだヤギの乳をしぼっていく

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

東京裁判:Ben Bruce Blakeney

国家の行為である戦争について、個人責任を問うことは法律的に誤りである。何故ならば、国際法は国家に対して適用されるものであって、個人に対してではない。
個人に依る戦争行為という新しい犯罪をこの法廷で裁くのは誤りである。
戦争での殺人は罪にならない。それは殺人罪ではない。戦争が合法的だからである。つまり合法的人殺しである殺人行為の正当化である。たとえ嫌悪すべき行為でも、犯罪としてその責任は問われなかった。
真珠湾攻撃が殺人罪になるならば、我々は、広島に原爆を投下した者の名を挙げることができる。投下を計画した参謀長の名も承知している。その国の元首の名前も承知している。彼らは、殺人罪を意識していたか?してはいまい。我々もそう思う。
それは彼らの戦闘行為が正義で、敵の行為が不正義だからではなく、戦争自体が犯罪ではないからである。何の罪科でいかなる証拠で戦争による殺人が違法なのか。
原爆を投下した者がいる。この投下を計画し、その実行を命じ、これを黙認したものがいる。その者達が裁いているのだ。彼らも殺人者ではないか。
Tokyo Military Tribunal for the Far East
Ben Bruce Blakeney : Please watch this film

読む価値あり :Yuki Tanaka’s article:力作論文

参照:Wikipedia
ジョージ・A・ファーネスベン・ブルース・ブレイクニー

・・・・・・・・
1年の終りにこう言うサイトを紹介できる喜びを得た。
The USA Mistook the True Enemy (1)
The USA Mistook the True Enemy (2)
参照:Tel Quel Japon 過去記事

追記:2010年1月1日(本来は2009年12月31日の記事に追記したものである)
東京裁判:素晴らしいペイジを見つけたので追加します。

追記:2010年9月25日
上記のBlakeneyの弁論の原文をようやく見つけた。
The bald proposition indeed, is that, as a matter of law, individuals may not be charged with
responsibility for wars, not at all because of high position in the state but because existing law does not prohibit it and assess a penalty. For this reason, additionally, the Indictment, insofar as it relates to the new crime of waging war by individuals, should not be tried by the Tribunal. It is superfluous to add that all charges of conspiring to do what was not itself criminal must likewise fall.
As my next point, I wish to discuss ... the proposition that killing in war is not murder. That killing in war is not murder follows from the fact that war is legal. This legalized killing -- justifiable homicide, technically, perhaps -- however repulsive, however abhorrent, has never been thought of as imposing criminal responsibility.
...
If the killing of Admiral Kidd by the bombing of Pearl Harbor is murder, we know the name of the very
man who [sic] hands loosed the atomic bomb on Hiroshima, we know the chief of staff who planned
that act, we know the chief of the responsible state. Is murder on their consciences? We may well
doubt it. We may well doubt it, and not because the event of armed conflict has declared their cause
just and their enemies unjust, but because the act is not murder. Show us the charge, produce the
proof of the killing contrary to the laws and customs of war, name the man whose hand dealt the
blow, produce the responsible superior who planned, ordered, permitted or acquiesced in this act,
and you have brought a criminal to the bar of justice.

参照:The Tokyo Trials: The Unheard Defens
   Written and Edited by KOBORI Keiichiro
参照:反日ワクチン-書棚の中の東京裁判

・・・・・追記:2011年3月29日・・・・・
新たに指名された 戦争犯罪人(?戦後ストーリー)
1945年(昭和20年)11月30日 NEWS 堂々と巣鴨に向かう
     
  上記の入稿は2010年9月25日
・・・・・追記:2011年6月14日 資料・・・・・
Ben Bruce Blakeney, Petition to the Supreme Commander For the Allied Powers, November 19, 1948, Official File 全39頁, Truman Papers, Harry S. Truman Presidential Museum & Library

・・・・・追記:2011年10月6日・・・・・
東京裁判後、レーリンク判事へのインタビュー

テーマ:戦争 - ジャンル:政治・経済

コメント

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

  • 2010/11/08(月) 16:48:20 |
  • |
  • #
  • [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://goodlucktimes.blog50.fc2.com/tb.php/202-2b94b3bc
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

-

管理人の承認後に表示されます

  • 2016/12/02(金) 05:17:33 |

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。