TEL QUEL JAPON

リビドーの音階が砂漠に死んだヤギの乳をしぼっていく

Hitlerの遺書

Landscape9
Hitlerの残した遺書

It is untrue that I or anyone else in Germany wanted the war in 1939.

Three days before the outbreak of the German-Polish war I again proposed to the British ambassador in Berlin a solution to the German-Polish problem—similar to that in the case of the Saar district, under international control. This offer also cannot be denied. It was only rejected because the leading circles in English politics wanted the war,


Tel Quel Japon過去記事
上の記事の中に出てくる3時間を越える放送の中で、最も私の耳を刺激したのと、上のHitlerの遺書からの引用と、内容が同じである。つまりHitlerは何度も繰り返し和平を提案したが、チャーチルがそれを無下に断ったという事実である。当時全く知らなかったので、その部分を繰り返し何度も聞いたのを憶えている。その勢いのまま、
Tel Quel Japon過去記事:コヴェントリーの空爆
Tel Quel Japon過去記事:メルセルケビール海戦
Tel Quel Japon過去記事:Rudolf Hess:
の記事を書いた。日本の歴史家はどの程度これらの事実を国民に知らしめているのだろうか?コヴェントリーの空爆について多少なりとも知識があれば「真珠湾攻撃を予め知っていたなら、避難させて被害を回避できたはずだ」などと、寝ぼけたことを言う人物は歴史家として存在できない筈だ。またメルセルケビール海戦について多少なりとも知識があれば、狂気を持って戦争を仕掛ける極悪非道な人物を敗戦国の中にのみ捏造するのは間違いであることを知るだろう。戦争の女神は、より多く道徳を踏み外した方に、より多く人の心を捨てた方に、そして要所要所において、精神に赤信号がともった(=異常をきたした:どの国が原爆を落としたのだ!)方に、どちらかというと微笑むものだ、ということを学ぶだろう。
・・・・・・・・・・・・・

上の絵画は「風景9」と題するまだ自分の運命を全く知らない若きHitlerの作である。偶然に出会った。絵画作品としてもめったに出会わないものなので、ここに掲載することにした。他意はない。

テーマ:戦争 - ジャンル:政治・経済

コメント

以前何かの書物で、「ヒトラーも若き頃絵を描いたが、凡庸だ」という評を読んだ覚えがあります。
実物の絵を見たのは初めてです。
貴重な一枚、ありがとうございます。
もっと他のも見てみないとなんともいえないけど、
本の挿絵としては上手だと思います。少なくとも私よりは上手。笑
スケッチしたのか、何か写真を見て描いたのか、それはわからないけれど、
何かが無い、、、って気がしませんか?
批判の意味じゃなくて、ん~・・・表現するなら、
「何かが無い。それはヒトラー個人にとって、とても哀しいこと。」
えらそうなこと書いてすみません。
いつもこうなんです。(ちょっと反省)

  • 2012/01/21(土) 23:34:52 |
  • URL |
  • うらら #5XrOZ5hQ
  • [ 編集 ]

コメント有難う御座います

うららさん、感想ありがとうございます。
何かが無い、、、って気がしませんか?
確かに。その何かとは「才能」だと思っていました!
それはヒトラー個人にとって、とても哀しいこと
Ceci n'est pas une pipe には、とても入れられない。

  • 2012/01/22(日) 15:03:22 |
  • URL |
  • Bruxelles #qXcWIg3k
  • [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://goodlucktimes.blog50.fc2.com/tb.php/201-61c588c5
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad