TEL QUEL JAPON

リビドーの音階が砂漠に死んだヤギの乳をしぼっていく

野村吉三郎 &東郷茂徳

前回の記事のOctober 18, 1941の電報に関して
Accept my congratulations on your appointment.
とあるので、これは野村から東郷茂徳に宛てた物だということが分かる。
前回の記事のOctober 22, 1941の電報に関して
I don't want to continue this hypocritical existence, deceiving other people...
as a man of honor this is the only way that is open for me to tread...
とあるが、見過ごせない部分だ。この時期の駐米大使に適していないことは明らかだ。野村大使は戦争回避交渉の何かの欺瞞と無意味さを知り尽くしていたことがわかる。またこの時点で駐米大使の更迭は東郷茂徳の義務ではなかったか。さらに、野村の心理状態を知りぬいた上で、前ペイジにリンクした電報#725で、外交能力のない野村に常道を逸したプレッシャーをかけたのだ。
///////////////////////////////////////////////////////////

資料として
Kichisaburo Nomura: Bio
Saburo Kurusu : Bio
背景:忍び寄る開戦:外から見る
特に以下の部分はとても重要で見逃せない。

At a meeting in the White House on 26 November, the President and Mr. Hull agreed that the small results expected from the modus vivendi did not justify the risks. That afternoon, therefore, when the Secretary of State handed the Japanese Ambassador his 10-point reply to Proposal B, he omitted the modus vivendi which had been intended as an introduction to these points outlining the basis for a peaceful settlement.
Though the military leaders were informed on the evening of the 26th of the decision to abandon the modus vivendi, they were apparently not advised of the action taken on the ten points. Consequently, the discussions on the morning of the 26th in General Marshall's office, and in the Joint Board later in the day, were held without knowledge of the final rejection of Japan's last proposal.


(注)the modus vivendi とは暫定協定案のことである。その辺りの日米の状況は以下に詳しい。
参照:ハル・ノートと日米開戦
これの元サイト:大東亜戦争開戦の経緯:特に第2部、日米交渉は、すべての章の熟読をお勧めしたい。
////////////////////////////////////////////////////////

参照:ハル・ノートに関して Wikipedia
Outline of proposed Basis for Agreement Between The United States and Japanというタイトルを見た限りは、言いたい放題ではあれ、これからの交渉の叩き台ですぞ、という感じがする。叩きつけた最後通牒という形式では決してない。ただ乙案は、全く評価されなかったことになるが。
ぎりぎりの譲歩をしても、対米戦争を避けたかった日本と、他の国々に恩を着せつつしかも自国の利益にもなる参戦を、タイミングよくしたかったアメリカと、双方の条件が合致することはありえない。アメリカにすれば、ここまで要求を通してくれれば、わざわざ戦争をする必要もないという目一杯の要求の提示のつもり、だったのだろう。
交渉を成功させるためには、その前に条件を整えておかなくてはならない。相手側からも歩み寄りを引き出すための外交的策略構築が必要だったのだ。相手の善意や人間性に訴えかけて、難局に光明を見出そう等と希望することからして、国際政治においては、幼稚すぎる。外交的ヴィジョンのない外務大臣のギャンブルのような「戦争回避」交渉など、聴いてあきれる。東郷を貶すつもりはない。後世の平和主義者などという人物解釈に異議を唱えているのだ。

ハル・ノート手渡しの際、国務長官ハルと駐アメリカ合衆国特命全権大使来栖が交わした会話が明らかになっている。ハル・ノートを双方がどう受け止めていたか、考察するには貴重な資料だ。
資料:Memorandum Regarding a Conversation Between the Secretary 0f State, the Japanese Ambassador (Nomura), and Mr. Kurusu, 26 November 1941
(追記:2009年12月1日)上記の文の中の以下の一行

He reminded the Japanese that in the United States we have a political situation to deal with just as does the Japanese Government, and he referred to the fire-eating statements which have been recently coming out of Tokyo, which he said had been causing a natural reaction among the public in this country.


の特に黒字の部分は具体的に何を指すのだろうか?

テーマ:戦争 - ジャンル:政治・経済

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://goodlucktimes.blog50.fc2.com/tb.php/199-137ca764
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad