TEL QUEL JAPON

リビドーの音階が砂漠に死んだヤギの乳をしぼっていく

James Forrestal (10) The Truman Doctrine

James Forrestal 10
James Forrestal appointed by Truman 1947

The Truman Doctrine delivered 12 March 1947
before a Joint Session of Congress :Truman's Voice
The Truman Doctrine :
The Marshall Plan Speech :
The Marshall Plan :Speech :Video & Voice (mp3) :
The Marshall Plan:The original copy of the speech :
Kennan’s “X” Plus Fifty:
George F. Kennan : Wikipedia
参照:The Marshall Plan Myth
参照:History News Network
The Truman DoctrineからMarshall Planが形になる過程で、その本質が変質している。自殺であれ他殺であれ、Forrestalが利用され、疎んじられていく過程が見える気がする。同じ視点の資料がない。あっても光の方向が違う(上の参照も)。
たいていの教科書はこの辺のところだ。The Marshall Planは国際連合と同じで(動いた人物まで部分的に重なっている)、甘く衣の分厚いテンプラで中身は見極められていない。どのような意図でどのように調理され衣が付いたのかも検証されていない。
The Truman Doctrine, The Marshall Plan,Dean Acheson ,Alger Hiss,Clark M. Eichelberger,George Marshall,...等を完全に別の視点で見るためにも、ゼロから再検証しなければならない。マーシャルプランひとつをとっても、新しい歴史教科書を必要とするのは、アメリカも同じかもしれない。

追記:2009年8月22日
思えばMacCarthyはMarshallにまで矛先を向けたあたりから、奈落のそこに突き落とされた。最近このMacCarthyの疑惑の目の方向性は正しかったのではないかとふと思う。またAchesonは見かけよりもはるかに大きな権力を行使している。こうしてMarshallやAchesonをみていると、冷戦は大きな仕組まれたマッチポンプに見えてきたりもする。こう言う時に人は、数ある陰謀論のひとつに与したい誘惑にかられるのだろう。

追記:2009年8月23日
なんだか随分核心を外した書き方をしていると自分で気付いた。ここで言いたいのは、The Truman Doctrine は実はForrestalの発案で、あっという間にそれを変形してThe Marshall Planが構想されたと言うことだ。名前はMarshall,大部分はAcheson(&Alger Hiss)、Marshall Plan実行委員会を立ち上げ、ダブルエンジンとなって遂行したのは、(信じられないかもしれないが)Alger Hiss、とClark M. Eichelbergerであったということだ。ついでに言うとMarshallはこれで、1953年ノーベル平和賞を受賞している。The Truman Doctrineはanti-communismであるがThe Marshall Planの内容は決してanti-communismではない。ここがトリックなのだ。そのトリックに自分ではまってしまったのが、Alger Hissの朋友Clark M. Eichelbergerである。これが証拠だ。Alger HissがThe Marshall Planのためにいかに尽力したかが分かる証拠だ。偽証罪で被告席に立っているAlger Hissの疑いを晴らすために駆けつけたEichelbergerはこう証言する。

Eichelberger testified that he, former Secretaries of War Robert Patterson and Henry L. Stimson, and Hiss had formed the Committee to Aid the Marshall Plan to garner popular support for the bill.


国連とThe Marshall Planの成立はツーとカーなのだ。何のことだと思われる方は以下を参照してください。
Tel Quel Japon過去記事:Alger Hissと国連ー1
Tel Quel Japon過去記事:Alger Hissと国連ー2
Tel Quel Japon過去記事:Alger Hissと国連ー3

テーマ:戦争 - ジャンル:政治・経済

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://goodlucktimes.blog50.fc2.com/tb.php/179-d8f5b089
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad