TEL QUEL JAPON

リビドーの音階が砂漠に死んだヤギの乳をしぼっていく

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

松方乙彦・松方三郎 系図3

参照:系図3
   牛場友彦、松本重治はゾルゲ事件の朝飯会の人たちでは。
参照:History of the Japanese at Harvard

Among these students was Matsukata Otohiko '06, known by his classmates as "Oto," who was a member of the Delphic Club along with Franklin Delano Roosevelt '04. 

   産経新聞の「ルーズベルト秘録(上)」P.242からの章に「わが友オトヒコ」として詳しく紹介されている松方乙彦はルーズベルトの従姉妹ローラ・デラノと一時は結婚を約束するほどの親密な関係だった。松方家の名家ぶりは上の系図3をクリックして下さい。

参照:SAMURAI AND SILK
By Haru Matsukata Reischauer、の書評

We meet, for example, Matsukata's sixth son, Otohiko, a gregarious member of the Hasty Pudding Club at Harvard, where he became friendly with Franklin Delano Roosevelt. ''Oto,'' as Roosevelt and other friends called him, later tried to plead for peace over tea at the White House, when all his Government in Tokyo was thinking of was war.

We also meet Matsukata's third son, Kojiro, who made a fortune during World War I selling battleships from his Kawasaki shipyards to the British.

It would have been interesting to know, for instance, just how Saburo, the young admirer of Marx and Engels, made the transition to being a food-loving propagandist in wartime China. Perhaps he was forced. Perhaps he found it quite easy, like many Japanese intellectuals, to switch from left to right and, after 1945, back to left again, because both the Marx boys and the ''guardians'' of China were essentially anti-Western.

   今読んでいるOwen Lattimoreの「中国と私」のIPRに触れた部分に松方三郎がIPRの日本評議会のなかで特に記憶に残る「三銃士」の一人として名前が出てくる。他の2名は松本重治、浦松佐美太郎となっている。また「中国農民と日本の侵略」の項目では、Owen Lattimoreは松方三郎の取り計らいで近衛文麿公爵に会っている。その場に岸信介が登場してLattimoreと意見を衝突させる場面がある。近衛文麿公爵は、この場に於いてLattimore側に立ち、ほとんど尾崎秀美を連想させる態度を示す。だからと言って、ここまでは認めるがここまで結論を出すつもりはない。(参照:近衛文麿) 共産主義にかぶれスパイと議論・同調・接触していたとしても、スパイ活動をしていたわけではないのだから。

The book ends with another illustrious relative, Nobuhiko Ushiba, former Ambassador in Washington and Minister of External Economic Affairs. In the late 1970's and early 80's he became well known as the chief Japanese negotiator in trade delegations.    

PRINCE MATSUKATA was presumably not one of those militarists. In fact, Mrs. Reischauer says his views on international affairs in 1916 were ''relatively enlightened and perspicacious.'' While indeed criticizing the Japanese for exploiting China, he also said that ''the problem is how Japan, as the leader of the yellow race, can execute her heaven-bestowed duty. . . . Japan will become the leader of East Asia, first guarding China and then the other countries of East Asia, gradually letting East Asia govern East Asia and making unnecessary the interference and pressures of the white race.''


参照:松方家参考資料:(松本重治
参照:これの関連記事にあちこちで時々出会うようになった。名家が接触すると結果的に外交になると言うことは充分ありえる。なにもフリーメイスン説で取りまとめる必要は無い。としてもこれらの事実関係は先入観なしに検証し押さえておく必要がある。国家間の動きがよく見えるからだ。ただ一族にしても一個人に於いてさえ、思想や嗜好で全体の方向性を固定したり、統一結束されたものとして解説を試みようとするのは、面白いことは面白いが、所詮不可能かつ無意味なことなのだ。 
 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
参照: By order of the President :
FRANKLIN ROOSEVELT が日本人・日本国をどう取り扱ってきたかが、よく分かる。FRANKLIN ROOSEVELT 悪玉論である。

テーマ:戦争 - ジャンル:政治・経済

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://goodlucktimes.blog50.fc2.com/tb.php/161-b3e3c388
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。