TEL QUEL JAPON

リビドーの音階が砂漠に死んだヤギの乳をしぼっていく

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Allen Welsh Dulles 1 : OSS

JFK & Allen Dulles
上の写真は1961年11月28日 JFK&Allen Dulles
OSSAllen Welsh Dullesを調査中に以下の映画を見つけた。

(1).The Good Shepherd
映画評 YUKAの気ままな有閑日記
内容が詳しいWikipedia: The Good Shepherd:
Edward Wilson, the character played by Matt Damon, is based at least in part on James Jesus Angleton, the long-serving director of the CIA's counter-intelligence staff who also fell victim to intense paranoia during his career, and covert operations specialist Richard Bissell. Bill Sullivan, the character played by Robert De Niro, is based on William Stephenson and William Joseph Donovan. William Hurt's character Phillip Allen is likely based on former CIA Director Allen Dulles.High-ranking British operative turned Soviet mole, Arch Cummings, bears some similarities to Kim Philby
Charlie Roseの番組に登場した映画関係者たち:
The good shepherdの歴史上の整合性に関する座談会:
映画の背景にもなっているBay of Pigs Invasion
その奥に隠れているBay of Pigs leak
簡潔かつ正確なAllen Dullesの紹介

(2)ヒトラー暗殺計画に関するTel Quel Japon過去記事
少し振り返ってみよう。List of members of the 20 July plot
GのところのHans Bernd Gisevius (1904-1974) に注目していただきたい。Wikipedia : Hans Bernd Gisevius:
反ナチで、ワルキューレ作戦の実行犯でもあったギゼヴィウスはZürichにいるOSSのDullesにヒトラー暗殺計画の支援を求めてきた。ナチの中の反ナチ勢力はアメリカに計画を打ち明け支援を求めていたと言うわけだ。記憶に留めていただきたいのはDullesがそういう立場にいたと言うことと、GiseviusであれDullesであれ、諜報活動(諜報員)とはある意味超国家的であるということだ。それを容認しまた協力し合う。二重スパイが驚くほど多いのも、内部告発や寝返りが多いのもそのためだ。そこにスリルとサスペンス、ドラマが生まれ、歴史が展開する。大作家の中にもスパイを兼業した人物がいるものそのためだ。思いつくままに名前を挙げると、Ian Lancaster FlemingWilliam Somerset Maugham Graham (Henry) Green等など。そしてまた、優秀な重要なスパイは、驚くべきことに必ずと言っていいほど、スパイ活動告白手記を残している。凡人には計り知れない、麻薬のような強烈なプライドと高揚感を伴う職業なのだろう。ところでワルキューレ作戦に関して言えば、結果は大失敗に終わる。Giseviusに協力すると言うよりも、実はDullesの方にも、反ナチに協力してなるべく廃墟にせずにドイツの戦争を内部から終結させたい意図があったのだが。

(3)実際顔もよく似ている。Allen Welsh Dullesの兄は日本人の耳には政治家としてはKennedyの名よりも深く残っている国務長官ダレス、John Foster Dullesなのだ。日本の戦後を語る際吉田茂を外せないように、吉田茂を語る際、John Foster Dullesに触れないわけにはいかない。この人物はアメリカの政治家として大活躍したので、彼の資料の中では日本の復興・独立・戦後に関しては重要視する余白がないくらいだ。従って日本のBlogとしては、John Foster Dullesの存在は吉田茂との関連で見るのが最善と判断した。
吉田茂 ~「日本独立」 その光と影 全6話55分36秒
その後の年月を含めて再考することを厭わなければ、現在・未来の日米関係を考えるにあたって、この戦後の復興の旅立ちを見るのに55分36秒を今費やすことは、決して時間の無駄にはならないだろう。Kennedy家も名家ならば、Dulles家も名家である。上の写真からも分かるように両家の関係は代々密接にして良好である。興味のある方は、その方向から光を当てて切り込むのも面白いだろう。

(4)Dulles日本語Wikipedia :
Kennedy大統領暗殺の日本語Wikipedia :
上の後者にDullesの名前が出てくる。日本のサイトではこのイメージが強いが、すべて同じ間違いが同じ文章でかかれている。複数の人間が同じ本を丸写ししたものだと思われる。アメリカのサイトを総合判断すると、この説にはほとんど根拠がないことがわかる。この説とは「解任されたことを根に持った元CIA長官のアレン・ダレス主犯説」のことである。

(5). Allen Dullesに関する疑惑 : 残念ながら途切れている。

テーマ:戦争 - ジャンル:政治・経済

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://goodlucktimes.blog50.fc2.com/tb.php/150-98e55f57
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。