TEL QUEL JAPON

リビドーの音階が砂漠に死んだヤギの乳をしぼっていく

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Alger Hiss (2) UN Charter

もう何日もAlger Hissの資料を読み漁っている。
Alger Hiss On Venona Files
これももう一度全部読んだ。THE ALGER HISS CASE
視聴覚完璧サイトだ。The Alger Hiss Trials
こちらは貴重なReal Time資料だ
The timeliness of the Alger Hiss case
Spartacus school net:Alger Hiss
warbler
映画よりも凄まじいドラマチックなどんでん返しが頻発する。そしてこれだけ資料が溢れているのはVenonaによって近年最後の逆転がなされたからだ。HissとChambersの対決は大きな意味を持つことになる。しかし何日もかけて私が探していたのはこれらの資料ではない。1945年2月から4月にかけてのAlger Hissのこの動きだ。
1945 February - Hiss is a junior member of the U.S. delegation to the Yalta conference as an adviser to Secretary of State Edward R. Stettinius, Jr.
1945 March - Chambers meets with Raymond Murphy, a State Department security officer. He names Hiss and 26 others as being affiliated with an underground communist group. Chambers again says he left the Party in 1937. Chambers repeats this to the FBI later in the year.
1945. April 12 - F.D.R. dies. Harry S Truman becomes the 33rd President of the United States. For Alger and Donald Hiss, Roosevelt was the preeminent world leader of the 20th Century.
1945. April - At the age of 40, Hiss becomes Director of the Office of Political Affairs. Shortly thereafter, he serves as Secretary General of the San Francisco Conference, which drafts the United Nations Charter. After the conference, Hiss is chosen to fly the charter to Washington in a special military airplane for President Truman's signature.
・・・・・・・・・・
2006年5月「反日勢力を斬る」の記事にあるNHKのこの番組をNet Cafeの部屋からちょうど出たところのロビーで偶然見て卒倒しそうになった。こんな事務総長のいる国連、なんと偏向しているのかと。
・・・・・・・・・・
Harry Dexter Whiteはハルノートで有名だが、忘れてはいけない、彼はWorld BankとIMF設立の父なのだ。(無視してはいけない資料 : Harry Dexter White :Elizabeth Bentley を書くときにおそらく再びHarry Dexter Whiteに触れるだろう) 同じようにAlger Hissは国連憲章を起草し、国連創立の中心メンバーでしかも事実上初代の国連事務総長なのだ。後に偽証罪で服役しそれでもまだ灰色だった部分もVenonaによって真っ黒なことが判明したソ連のスパイなのだ。
Alger Hissに関してはAlger HissやWhittaker Chambersの記事にすでに詳しく書いているので過去記事ともどもゆっくりと目を通していただきたい。
ヤルタ会談がすべての発端だ(構想は太平洋戦争開戦前の大西洋会談から具体的に立ち現れ、Alger Hissの登場するヤルタ会談からコンクリート化していく。大西洋憲章については後日とり上げたい)。ヤルタ会談がどういうハゲタカ会談だったか思い出せば、日本が60数年ハゲタカドモのえさ扱いでありつづけたことがわかるというものだ。国際連合の存在意図とは?存続するとすればZeroからの再構築が必要だろう。サービスです。覗いてみますか?
The United Nations Charter
上の写真は(UN Charter signing ceremony) 国連憲章調印式
場所: San Francisco, United States
起草日 June 26, 1945・・・・・・・・・・・ 
(日本に原爆投下:August 1945)・・
批准日 October 24, 1945・・・・・・・・・
参照:国際連合憲章:日本語:英語
悲惨な戦争を体験した国際社会が反省をこめて構築した戦後の平和のため国際機構ではないことがよくわかるだろう。国際連合とはまだ戦時中だった日本にとっては、複数の敵対国の悪意に満ちた勝利の先取り、勝利支配の永遠化機構に過ぎない。連合国側にとっては目と鼻の先の勝利の結実であり、それは真珠湾に引きずり込むより以前の1941年8月からの4年にわたるシナリオの夢にまで見た実現に他ならなかったのではないだろうか。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・
参照:The Yalta Conference :February 1945
参照:Atlantic Charter:AUGUST 14, 1941
参照:The Atlantic Conference

: Alger Hiss Fallout on Politics :

テーマ:歴史 - ジャンル:政治・経済

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://goodlucktimes.blog50.fc2.com/tb.php/125-3581f733
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。