TEL QUEL JAPON

リビドーの音階が砂漠に死んだヤギの乳をしぼっていく

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Charles A. Willoughby (2) 制作中

1951年8月22,23日、下院非米活動調査委員会に於けるCharles A. Willoughby氏の証言を首を痛めずにじっくり読めるように編集しファイルにした。部分分けして少しづつUploadしていきたい。真珠湾にSorgeが関係したかどうかではなく、Charles A. Willoughby氏の証言を通してアメリカが何を知り何をどう判断したのか、私達日本人が今初めて何を知り何をどう判断するのか、虚心坦懐に検証するための資料として提出したい。緑色に色づけた部分は、単に私が重要だと判断した部分にすぎない。
判断や感想はコメントに書き込んでいこうと思っている。読者諸氏の判断や感想のコメント欄への寄稿も大いに期待している。

1.Charles A. Willoughby証言 No.1
2. Charles A. Willoughby証言 No. 2

拡張子rtfのファイルfはBlogにUpload出来なくて、しかたなく私Bruxellesが既に所有しているGeocitiesのサイト「Si on chantait」の内部を借りhtmlのファイルにしリンクすることにした。

参照:国会図書館 Charles Willoughby :
参照:Charles Andrew Willoughby :important!
Major General,United States Army
参照:The Story Of General Willoughby:

テーマ:戦争 - ジャンル:政治・経済

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://goodlucktimes.blog50.fc2.com/tb.php/122-2d5206d2
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。