TEL QUEL JAPON

リビドーの音階が砂漠に死んだヤギの乳をしぼっていく

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Alger Hiss (1)

参照1Alger Hiss:Alger Hissに付いてWikipediaでもすでにこれだけ詳しく書かれている。1945年のヤルタ会談に出席しているほどの重要人物である。ヤルタ会談においては主に戦後の国際連合の構築に関わった。
参照2The fearful master-a second look at the United Nations by G. Edward Griffin(1964)という本がある。第2部で国際連合という機関がいかにCommunist達の手により構築され支配運営されていたかが書かれている。第9章に於いてはAlger HissとHarry Dexter Whiteの正体が暴かれている。
参照3:打ち込みが非常に手間取るので、こちらの文章をお借りする。ジャパン・ハンドラーズと国際金融情報と言うサイトのこの記事に私と同じ視点とらえたAlger Hissのことが紹介されている。Clickをお願いします。
また話題が逸れてしまうがこの文章の中の「それが米国上院のジョゼフ・マッカーシー上院議員であり、彼の「アカ狩り」の矛先は根本的にはどうもマーシャルに向けられていたようだった。」は見逃してはならない部分だ。ジョゼフ・マッカーシー上院議員の急激な消滅はここに始まるからである。
さらに話題がずれるが「このアルジャー・ヒスとデヴィッド・ロックフェラーは後者が若い頃はカーネギー国際平和財団で理事会の席を一緒にした間がらであり、関係は非常に良好だった。デヴィッドの回顧録『メモワール』にもそれが書かれている。」この部分も実は、私がいつかまとめたいと思っている内容と関連している。日露戦争の高橋是清の外債と「ウェルカムトゥパールハーバー」のクーン・レーヴ商会と昨年破綻したリーマン・ブラザースが一直線に繋がって、しかも論理のパラダイムを超え、記事にまとめるのに四苦八苦しているところだ。《追記:四苦八苦してまでこの部分を書く必要がなくなった。『「日露戦争」と「日米対立」と日中戦争」の舞台裏』というトータルで明快なペイジをみつけた。ここにこのテーマは少々場違いだけれど、重要で説得力のある裏舞台が整理・整頓されているのでリンクさせていただいた。》
当時の金融資本家はとかく統制的・寡占的なビジネスを好んでいた。共産主義のシンパも多数いた。...国際金融資本家の間では共産主義は一種のトレンドだった。」の部分の確証がとれれば、絡んだ糸はほぐれ、明快になるだけでなく、細面のAlger Hissが幾多の証言・証拠に動揺もせず老いて死ぬ最後の最後までシラを切り通したことも納得できると言うものだが。(Bruxelles注:一種のトレンドだった、で割り切ってしまえば明快なのだが、それではあまりにも説得力がない。資本家の間で共産主義が何故、どのようにトレンド足りえたのか、具体的な原因解説が必要だろう。)
参照4:こういう詳しい比較的最近の資料もある。"The Alger Hiss Case; A Half-Century of Controversy" by Ehrman, John (2007). 二転三転するAlger HissとWhittaker Chambresの裁判抗争について詳しく書かれている。地位的に外見的にAlger Hissの方が信用される人物だった。Chambersに加担したNixonもAlger Hissほど善良には見えない不利な顔相をしている。Whittaker Chambresに味方したのはかぼちゃと、Venona Filesの登場だった。
参照5Alger Hiss discusses why he and other New Dealers became political targets following the death of FDR. (Audio Only)Hissの声が届くが短い。
参照6This newsreel clip sets the stage for "the trial of the century."
参照7The Alger Hiss Story : The Time Line:
参照8: Alger Hiss : Venona and the Russian Files
参照8The Alger Hiss Story: Watch and Listen :実写films:
参照9The Alger Hiss Story: The Bookshelf:
参照10Alger Hiss : As a spy
参照11The Alger Hiss Story : The Cast:
参照12The Alger Hiss Story : The Coutroom:
参照13The Alger Hiss Story 元サイト
参照14The Alger Hiss Case :詳しい!
参照15Alger Hiss: Time 1978

テーマ:報道・マスコミ - ジャンル:政治・経済

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://goodlucktimes.blog50.fc2.com/tb.php/117-42048f44
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。