TEL QUEL JAPON

リビドーの音階が砂漠に死んだヤギの乳をしぼっていく

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Tel Quel Japonの存続危機!

昨日退院してきて、夜にメイルボックスを見ると、勇馬さまから入院日時と同じ6月15日付けのメイルが入っておりました。最近勇馬さまのブログの管理画面が、Tel Quelのものにすり替わっている、と言う内容でした。
passwordの変更はかなり難儀しましたが、その数日前に完成しており、その時点でTel Quel Japonの復旧は完結したと思っていたので、かなりのショックです。今現在も勇馬さまが、Tel Quel Japonの管理者の立場にいらっしゃると言うことで、passwordの変更は何の効果も生じなかったと言うことです。
メイルには「貴女がなさったのでしょうか?他の誰かのイタズラでしょうか?」とありましたが、このようなTel Quelの内部を他人にさらし続け、Tel Quelの存続危機に繋がるようなことを、私がするわけもなく、他の誰かも、私には想像できません。

「勇馬さまのブログの管理画面が、Tel Quelのものにすり替わっている」と言うことで、これを何とかする方法を考え、勇馬さまの協力を得て、勇馬さまは、御自分のIDとpasswordでは、ご自分のBlogにしか入れない(あるいは、にこそ入れる)対策を立てていくつもりです。とにかくTel Quel始まって以来の、Bruxelles終焉間際の一大危機です。
原因解決に関して、知識をお持ちの方は非公開コメントで、ぜひその対策をお教えください。
Tel Quel Japonは命に代えても、存続させていきたいと常々思っています。
今後の経過を随時公開報告してまいりますので、出来るだけ多くの方々に、Tel Quel japonを見守っていただけますように、またご協力をいただけますように、お願いいたします。 
Bruxelles 記 6月19日 早朝

・・・・・・・・・・追記:2016年6月20日・・・・・・・・・・

「PCを知っている人から笑われるようなお粗末な二人の間の私的な技術トラブルを世間に知らせるのはいかがかと思います」と言うメイルがきたが、冗談じゃない。二人の間の技術トラブルでも、なんでもない。笑われるようなお粗末な、とあるが「笑い事」などとんでもない! ● 勝手に断りもなく人の大事なpasswordを変更する大罪の自覚がまるでない。 ● 1000%譲歩して、「topペイジの広告を外し、Top pageのKeepを図りたい」という「善意」から出た行動だと認めるとしても、その最初の意図を達成することが出来なかったと判明した時点で、大変なことをした、これでは申し訳は立たないと、罪悪感で震えあがるのが、常識人というものだろう。それとも「自分の力で、Tel Quel のTop pageの崩れを回復させた」と、それが御自分の「善意の成果」だと、笑われるようなお粗末な勘違いをされているのだろうか?

しかし今回のことは、言いがかりを受けなければ、永遠に覘かれ続けている事に、まったく気がつかなかった。従って、この連絡に関しては、感謝せねばなるまい。
passwordの変更を完了した後でも、何故こういうことがありえるのか? これは笑われるようなお粗末な技術トラブルではない。passwordを変更したblogに他人が依然として平然と内部に入り込めると言うことは、プロでも困惑する完全非常事態なのだ。まして「二人の間の技術トラブル」などの次元の話ではない。

御自分のBlogには、お気に入りから今でも自由に中に入り、投稿ができてる、という報告も来た。問題はTel Quel Japonの管理画面が執拗に現われ続けると言うことだけで、これは御自分のblogへのTel Quel 又は、何者かによる介入である、という訴えであった。御自分が被害者の強い訴えである。だから、協力して解決を計りたいと申し出た。
おそらく、勇馬氏のPCに記憶させた、Tel Quelの管理人としての記憶が、PCに保存されているのではないか、あるいは、過去のオートログインが機能して、Tel Quelに優先的に侵入するために、Tel Quelの管理画面が現われ続けるのではないかと、最初にアドヴァイスした。

次のメイルに解決の報告があった。「管理画面から一度、ログアウトし、自分のIDとPWで入り直したら、自分の管理画面に戻りました。」「お騒がせし、かつ侵入を疑ったことを御詫びします」ともあった。その次の最終メイルが先の「人から笑われるようなお粗末な二人の間の私的な技術トラブル云々を、世間に知らせるな」という内容であった。
Tel Quelとしては、そんなものは解決でもなんでもない。問題は何故、Tel Quelの最新管理画面が、他人のPCに現われ続けるのか、という根本問題である。何故passwordを変更した後まで延々とTel Quel Japonの存在危機が持続するのかということである!

考えてみた。おそらくではあるが、「お気に入り」の仕業なのだ。(より正確に言うと勇馬氏の誤使用のせいなのだ!)。お気に入りもTopアドレスで入れておくとTopが出る。しかし「Tel Quel Japonの管理画面」を「お気に入り」に入れると、機械がTel Quelの管理人と覚えている限り、「お気に入り」からは常に自動的に「Tel Quel japon」の管理画面に入ると言うことだ。しかも最新の。侵入される側としては、空恐ろしいことである。passwordの変更だけでは無断侵入は止まらないと言うことなのだ。この事実は多くの方に告知しておいたほうが良いと思った。二度と侵入しません、という誓約の後も、勇馬氏のコメントだけが、誰の承認もなくどんどん登場し続けたのも、そのためだろう。

さて、一回のログアウトだけで、問題が解決したのだろうか?勇馬氏のオートログインの記憶保存は、「お気に入り」は、PCの記憶力は、Tel Quelの管理画面そのものを、どこに、どこまで記憶しているのだろう。Tel Quel Japonの存続危機は、依然として続いている。これはTel Quel Japonを長年育ててきたBruxellesだけがなめ続けなければならない苦悩なのか。
まさに「黄泉路の過酷は自衛なき道」-ここに来て特にTel Quel Japonに関連しては日々辛酸の連続である。心安らぐことは何一つない。しかし、こうして読者の強風にさらされるということは、それだけTel Quelが育ったと言うことだと解しよう。Bruxellesにしても怯えて震えている間が華なのだ。いずれその風の中の「無」と化す。

引き続き、出来るだけ多くの方々に、Tel Quel japonの存続を見守っていただけますように!今後は衆人環視に、安全への望みを託す以外方法がないので、どうぞよろしくお願いいたします。



スポンサーサイト

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。